『Ray/レイ』監督、O・J・シンプソン事件の弁護士映画でメガホン

『Ray/レイ』監督、O・J・シンプソン事件の弁護士映画でメガホン

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/09/16
No image

テイラー・ハックフォード監督 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

アカデミー賞監督賞にノミネートされた映画『Ray/レイ』や『プルーフ・オブ・ライフ』のテイラー・ハックフォード監督が、O・J・シンプソン事件を担当した弁護士の一人、ジョニー・コクランさんを描く映画でメガホンを取ることになったとDeadlineが報じた。

仮題は『シグナル・ヒル(原題) / Signal Hill』。O・J・シンプソン事件に関わった敏腕弁護士コクランさんの若かりし日を描く。シンプソンは1994年に元妻とその友人を殺害したという罪状で刑事裁判では無罪となったが、民事裁判で有罪判決が下された。結局事件の真相は明らかになっていない。

コクランさんは1981年、シグナル・ヒルの留置所で自殺死とされた囚人の遺族のために、警察による他殺だった事実を暴き勝訴。その才覚が注目された。コクランさん役に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアンソニー・マッキーが決まっている。コクランさんは2005年に脳腫瘍により死亡した。

ハックフォード監督は現在、カントリー・ミュージックのカップル、ジョージ・ジョーンズとタミー・ワイネットを描く『ジョージ・アンド・タミー(原題) / George and Tammy』の製作準備中。(鯨岡孝子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中条あやみ、歌声ついに...解禁!!映画『覆面系ノイズ』新予告映像
ノーラン的世界を堪能するために、知っておきたいいくつかのこと『ダンケルク』【さぼうる☆シネマ】
「僕たちがやりました」トビオ(窪田正孝)たちの未来は...それぞれの結末に「最後まで闇だった」「リアルすぎる」と反響<最終話>
【炎上】映画「交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1」が酷すぎてブチギレ激怒 / 1800円払って思い出を壊されに行くようなもの
ヒーローにロボットにエイリアン!コスプレイヤーが大量すぎるDRAGON CON 2017の映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加