Adobe ReaderとAcrobatに40件以上の脆弱性、最新版に更新を

Adobe ReaderとAcrobatに40件以上の脆弱性、最新版に更新を

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/15
No image

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は14日、Adobe ReaderおよびAdobe Acrobatの脆弱性に注意を喚起した。脆弱性を悪用したコンテンツを開いた場合、リモートからの攻撃により、Adobe ReaderやAcrobatが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間2月13日、脆弱性を修正した最新版ソフトウェアを公開しており、JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

今回提供された最新版Adobe ReaderおよびAcrobatでは、40件以上の脆弱性が修正された。影響を受けるバージョンは下記となる。

○Acrobat DC (Continuous Track)

Acrobat DC (Continuous Track) 2018.009.20050およびこれ以前(Windows、Mac)

Acrobat Reader DC (Continuous Track) 2018.009.20050およびこれ以前(Windows、Mac)

○Acrobat DC (Classic Track)

Acrobat DC (Classic Track) 2015.006.30394およびこれ以前(Windows、Mac)

Acrobat Reader DC (Classic Track) 2015.006.30394およびこれ以前(Windows、Mac)

○Acrobat 2017

Acrobat 2017 2017.011.30070およびこれ以前(Windows、Mac)

Acrobat Reader 2017 2017.011.30070およびこれ以前(Windows、Mac)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スバルの北米向け3列シートSUV「アセント」の価格が明らかに! 全車アイサイトと4輪駆動が標準で約350万円から
クルマで出かける時に使いたいGoogleマップの便利ワザ
Windows 10ミニTips 第256回 体感速度を落とす理由? サムネイルキャッシュの自動削除を無効にする
どこでも壁かけテレビを設置できる「つっぱりTVポール」
PCレスでコピーや完全消去ができるクレードルが玄人志向から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加