映画じゃけぇ、何をしてもええんじゃ!! 男根から真珠を取り出すシーンが強烈すぎる『孤狼の血』

映画じゃけぇ、何をしてもええんじゃ!! 男根から真珠を取り出すシーンが強烈すぎる『孤狼の血』

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2018/05/06
No image

森林浴ならぬ、人間浴はいかがだろうか。せっかく人影もまばらな森や山できれいな空気を吸っても、街に戻ればストレスの多い人間関係に悩まされてしまう。それならいっそアクの強い人間たちにもみくちゃにされ、免疫をしっかりつけておきたい。最新の“人間浴映画”としてお勧めしたいのが、役所広司&松坂桃李主演作『孤狼の血』。実録犯罪映画『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)で注目を集めた白石和彌監督が、東映ヤクザ映画へのオマージュをたっぷり注いだ激熱作品となっている。登場人物は男も女もみんなワケありで、人間くさいキャラクターばかり。劇場を出るときは、きっと誰もがタフガイを気取って、歩道の真ん中を闊歩したくなるはずだ。

本作の時代設定は、まだ暴対法が施行されていなかった昭和63年(1988)。深作欣二監督が撮った実録ヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い』(73)と同じく広島が舞台。柚月裕子の原作小説では広島県呉原市という架空の街となっているが、映画のロケ地は『仁義なき戦い』にあやかって呉市で行なっている。菅原文太、松方弘樹、金子信雄、田中邦衛、梅宮辰夫らが人間くささを競い合った『仁義なき戦い』シリーズや『県警対組織暴力』(75)の世界を現代に蘇らせようという試みだ。

昭和の男優たちがギラギラと輝いた『仁義なき戦い』『県警対組織暴力』の世界を愛して止まない白石和彌監督のこの試みに、『シャブ極道』(96)で薬物中毒に陥る破滅的な暴力団組長を熱演した役所広司が期待を裏切ることなく応えてみせる。呉原署に勤めるマル暴刑事の大上(役所広司)、通称ガミさんはヤクザよりもヤクザらしい。昔気質の地元暴力団「尾谷組」と新興暴力団「加古村組」が対立する中、ヤミ金融マンが失踪する事件が発生。大上は事件の真相を探るため、パチンコ店で見かけたヤクザを恫喝し、さらには捜査に非協力的な旅館に付け火をする。大上と行動を共にする新人刑事・日岡(松坂桃李)は、大上のあまりの傍若無人ぶりに驚きを隠せない。

「警察じゃけぇ、何をしてもええんじゃ!」と叫びながら、大上が連れ込み宿に監禁した「加古村組」の構成員・吉田(音尾琢真)を拷問するシーンはひと際強烈だ。好色な吉田の自慢は、男性器の中に埋め込んだ“ごっつい真珠”。大上は吉田をベッドに縛り付け、ごっつい真珠を刃物を使って取り出してみせる。もちろん、ノー麻酔で。ごっつい真珠で多くの女たちを泣かせてきた吉田は、自分もその真珠で泣くはめになる。大上はこの街では怖いもの知らずの存在だった。

大上の凄さはそれだけではない。裏社会の情報を入手するため、「加古村組」と敵対する「尾谷組」の若頭・一之瀬(江口洋介)や右翼団体の代表・瀧井(ピエール瀧)とはズブズブの関係だった。ヤクザと懇意にしても異動や処分されればそれで終わりだが、大上は警察上層部のスキャンダルも収集し、闇ノートを作成している。この闇ノートがある限り、警察上層部は大上の無軌道ぶりを咎めることができない。ヤクザvs.大上、大上vs.警察上層部、古豪ヤクザvs.新興ヤクザ……と様々な局面が展開し、物語は熱気を帯びてスリリングに転がっていく。

久々の狂乱演技を見せる役所広司の相棒役を務めるのは、白石和彌監督の『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)で超チャラい不倫男を巧みに演じてみせた松坂桃李。今年公開の映画『不能犯』ではニタニタと不気味に笑う連続殺人鬼、大ヒット中の『娼年』では年上の女性たちを虜にしてしまうコールボーイと、作品ごとにまったくの別人になりきってみせている。今回は広島大学を卒業し、公務員としての職業倫理を遵守するマジメな新人刑事役だ。大上のでたらめさに辟易する日岡だったが、大上が誰よりも捜査に情熱を燃やしていることは認めざるをえない。情熱はゾンビウィルスに比べると遅効性だが、やがて激しく強く感染する。ドブのようにすえた臭いのする裏社会を大上と一緒に駆けずり回るうちに、大上に反発しながらも日岡はガミさん二世と呼びたくなるようなワイルドな刑事へと変貌していく。

物語の後半、ある事情から大上は街から姿を消すことになる。これからクライマックスに差し掛かるというときに、主人公がふいに消えたことで、逆に物語は大きく膨らんでいく。残された日岡たちは、それまで矢面に立っていた大上抜きで戦うしかない。そして、不思議なことにその場にいないはずの大上の存在感が、より大きなものに感じられる。主人公の不在が物語のカタルシスを呼び込むこの作劇は、本作のたまらない魅力となっている。現代社会から欠落してしまったもの。それは大上が全身からほとばしらせる過剰なまでの情熱であり、人間臭さであり、そして悪党たちを上回る悪知恵である。

今村昌平監督のパルムドール受賞作『うなぎ』や黒沢清監督のブレイク作『CURE』(ともに97)、実際に起きたバスジャック事件と奇妙にシンクロした『EUREKA』(01)など数多くの名作に出演してきたベテラン俳優・役所広司から、多彩な役に挑んでいる真っ最中の松坂桃李への継承杯のような赴きを感じさせる本作。また、男たちの熱さに触発されたかのように、クラブのママ役の真木よう子、怪我を負った日岡の手当てをする薬局の店員役の阿部純子ら女優陣も女のフェロモンを存分にスクリーンに振りまく。テレビ放映されることを前提に製作されたテレビ局主導映画とは大きく異なる、去勢されることを拒み続ける者たちが集った砦のような劇場映画だ。

平成の世が終わろうとする現代に、男たちが熱かった昭和の物語がリブートされた。孤高に生きる狼たちの熱い血を、ぜひ最後まで飲み干してほしい。
(文=長野辰次)

No image

『孤狼の血』
原作/柚月裕子 脚本/池上純哉 監督/白石和彌
出演/役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介
配給/東映 R15+ 5月12日(金)より全国ロードショー
(c)2018「孤狼の血」製作委員会
http://www.korou.jp

No image

『パンドラ映画館』電子書籍発売中!

日刊サイゾーの人気連載『パンドラ映画館』

が電子書籍になりました。

詳細はこちらから!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ででんでんででん!これが映画『ターミネーター2』に登場した“あのハーレー”の実物だ(オークション出品中)
美人農大生が全裸の家畜に堕落...性の玩具に調教された女の末路とは?
千眼美子が「UFO学園の秘密」続編アニメに参加、逢坂良太ら主要キャスト続投
城桧吏に世界が熱視線 是枝監督カンヌ最高賞「万引き家族」息子役の11歳
元少年Aになりきった瑛太の自傷シーンはトラウマ級の衝撃!! 連続児童殺傷事件のその後『友罪』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加