パナソニック、8K画質60fpsを実現するCMOSイメージセンサー技術を発表

パナソニック、8K画質60fpsを実現するCMOSイメージセンサー技術を発表

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2018/02/14
No image

パナソニックは2月14日、8K解像度(3600万画素)で毎秒60フレームを記録できるCMOSイメージセンサー技術を開発したと発表した。動体の撮影でもゆがまない「グローバルシャッター」機能を備え、高速かつ高解像度の撮像が求められる分野への活用が期待されるという。

今回パナソニックが開発したイメージセンサーは、光を電気信号に変換する部位(光電変換部)に有機薄膜を採用した。従来の裏面照射型CMOSでは光電変換部のシリコン基板が2〜3マイクロメートルの厚みを持っていたが、有機薄膜にしたことでこれを0.5マイクロメートルに抑えた。

厚みを抑えたことで回路部の自由度が増し、8Kの高解像度と60fpsという高フレームレート、広ダイナミックレンジ化、グローバルシャッター(全画素から同時に光を読み出す電子シャッター)機能を同時に実現できたという。

また、有機薄膜に加える電圧を制御することで、電子的なNDフィルター(光量調節フィルター)の感度を無段階に制御できるという。

この技術を搭載するイメージセンサーのセンサーサイズは明らかにしていないが、パナソニックは以前から、同社のミラーレス一眼カメラが採用するマイクロフォーサーズ規格で8K動画に対応する方針を示していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱式タバコに革命?スマホで温度調整等々可能なIQOS互換ヴェポライザー「FYHIT CS BOX」登場!(世永玲生)
2.45インチ画面の極小スマホ「Unihertz Jelly Pro」国内版ファーストインプレ。技適あり、国内MVNOのAPNも登録済み
サムスン、30.72TBもの世界最大SSDを発表、大量生産すでに開始
Amazonが「タイムセール祭り」開催するよ~!
LINE MOBILE、全国約5万カ所の無線LANを使えるWi-Fiオプション提供開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加