斉藤由貴 三谷脚本でドラマ復帰「手紙をもらったような気分」

斉藤由貴 三谷脚本でドラマ復帰「手紙をもらったような気分」

  • 女性自身
  • 更新日:2018/02/15
No image

斉藤由貴(51)が4月に放送されるスペシャルドラマ「黒井戸殺し」(フジテレビ系)でドラマ復帰すると2月14日、分かった。斉藤のドラマ出演は、昨年7月期の「カンナさーん!」(TBS系)以来7カ月ぶりとなる。

今作は、アガサ・クリスティの名作「アクロイド殺し」を日本で初めて映像化するというもの。野村萬斎(51)が主演を務め、斉藤はその相棒の姉“カナ”を演じる。斉藤は自身の役柄について、同局のホームページ上で回想している。

「カナは明るくかわいらしいキャラクターですが、実は大きな秘密を抱えている役どころでとてもやりがいがありました」。

今作の脚本を務めたのは、斉藤の大ファンである三谷幸喜(56)。昨年末の“キス不倫騒動”の最中も三谷が勇気づけてくれたことを1月、第60回ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞した際に斉藤は明かしている。

アガサ・クリスティの大ファンでもある三谷。そんな思い入れの強い作品に斉藤を起用するということは、三谷の “女優としての斉藤由貴“への評価ぶりがうかがえる。実際14年の舞台「紫式部ダイアリー」に起用した際も、三谷は斉藤のことを「最高のコメディエンヌ」と評している。

「三谷さんからの手紙をもらったような気分にさせられる台本ばかりで、すばらしい仕事でした。舞台みたいな気分でした」

8日のブルーリボン賞授賞式では、女優人生を支えてくれた母親への感謝の気持ちを述べていたが――。演じることでそれぞれに、気持ちを返していくようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「震災義援金4億円」サンドウィッチマン・伊達の“心配な言動”とは?
【夢の競演】ベジータとフリーザと野沢雅子が街ブラする動画が面白すぎっぞ! ドラゴンボールファンはいっちょ見てみねぇーとぶっ殺すぞ!!
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
IVAN、安室奈美恵との関係性を「カミングアウトします」
「もうヤメて!」浜崎あゆみの露骨“匂わせ投稿”にファンが悲鳴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加