元ブラジル代表レオナルド氏、名門再建へ古巣ミランのGM就任か 地元紙が報道

元ブラジル代表レオナルド氏、名門再建へ古巣ミランのGM就任か 地元紙が報道

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/07/14
No image

ACミランは、鹿島アントラーズでも活躍したレオナルド氏のGM就任の可能性が高まっている【写真:Getty Images】

インテル時代には長友獲得、PSGでも強化担当歴任 昨年9月に監督退任でフリーに

中国人オーナーの退任が決まったイタリアのACミランだが、名門再建プランの一環として元ブラジル代表MFで現役時代に鹿島アントラーズでも活躍したブラジル人、レオナルド氏のGM就任の可能性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

レオナルド氏は現役引退後、監督も務めたインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)などで強化担当を歴任。インテル強化担当時代の2011年にはチェゼーナから日本代表DF長友佑都を獲得するなどの手腕を発揮していた。

2017年9月にトルコ1部アンタルヤスポルの監督を務めていたが、約2ヶ月ですぐさま退任の運びとなり、現在はフリーの身となっている。

ミランがファイナンシャル・フェアプレーに違反したとして、来季出場予定だったヨーロッパリーグ(EL)の出場権を剥奪すると欧州サッカー連盟(UEFA)が発表。今後2年間、UEFA主催の大会に参加できなくなる状況にある。

かつて「レオ様」の異名で日本でも愛された貴公子は、厳しい状況に追い込まれたディアブロ・ロッソ(赤い悪魔)の復活に尽力することになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサのブラジル代表MFコウチーニョがポルトガル国籍を取得
ゴールを喜ぶより先に、脳震盪GKへ駆け寄り... 中村航輔救護のFC東京・高萩に「敬意」
W杯後も投稿のない山口蛍のツイッターに批判が殺到していた? 原因はベルギー戦か
顔が笑ってない? 宇佐美貴史、たむけんと家族の食事写真が話題に W杯後は未定か
「史上最低のタックル誕生?」CL予選で敵に“ドロップキック”をお見舞いする衝撃の退場劇!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加