最新ランキングをチェックしよう
理研など、トポロジカル絶縁体積層薄膜で巨大な磁気抵抗効果を発見

理研など、トポロジカル絶縁体積層薄膜で巨大な磁気抵抗効果を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12

理化学研究所(理研)などは10月7日、磁性層と非磁性層を交互に積み重ねたトポロジカル絶縁体積層薄膜を開発し、磁気抵抗比1000万%を超える巨大な磁気抵抗効果を発見したと発表した。

同成果は、理研創発物性科学研究センター強相関物性研究グループ 茂木将孝研修生、十倉好紀グループディレクター、強相関界面研究グループ 川﨑雅司グループディレクター、強相関量子伝導研究チーム 川村稔専任研究員、東北大学金属

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インフルエンザ「万能ワクチン」の開発に成功か? 国内の感染者は約282万人に!
【科学でロック】犬たちはソフト・ロックとレゲエがお好き?  スコットランドでの研究結果を掲載
ミクロな視点で復興に貢献 - 福島原発由来のウラン酸化物を解析
月は人工の物体か?=科学者の推測
ゼブラ柄のトマト その名は「アマゾン」、近大農学部など共同開発 うまみ強く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加