ミャンマー民主化運動の指導者コー・コー・ジー氏が初来日、日本から学びミャンマーのさらなる民主化に意欲

ミャンマー民主化運動の指導者コー・コー・ジー氏が初来日、日本から学びミャンマーのさらなる民主化に意欲

  • Global News Asia
  • 更新日:2017/10/13
No image

会見するコー・コー・ジー氏一行

No image

記者の質問に答えるコー・コー・ジー氏

2017年10月11日、ミャンマー民主化運動の指導者コー・コー・ジー氏が初来日し、東京で記者会見が行われた。

今回の訪日は、ミャンマーで様々な支援活動を行っている日本財団の招聘によるもので、外務省や経済産業省などの関係中央省庁との意見交換や、福岡市の上下水道施設などの視察を行う。

会見の席上、コー・コー・ジー氏は「日本の経験や行政について学び、ミャンマーの民主化と経済発展を加速させていきたい」と語った。

現在、コー・コー・ジー氏は、ミャンマーで新党立ち上げの準備を進めており、2020年の次期総選挙への立候補を計画している。

会見に出席した記者からは、アウン・サン・スー・チー国家顧問が率いる国民民主連盟(NLD)との関係やラカイン州の問題(ロヒンギャ)などの質問があった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
豊田真由子氏「ハゲー」と連呼されながら演説
【台風21号】日本に接近の恐れ、週末以降に影響拡大
銀座のど真ん中で「カート」事故 観光の韓国人男性
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加