東海大諏訪(長野)チーム全員が競争心を持ち、「速さを強さ」に変える冬に!

東海大諏訪(長野)チーム全員が競争心を持ち、「速さを強さ」に変える冬に!

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2019/02/20

一人ひとりが、今何が必要か考え北信越大会ベスト4

No image

東海大諏訪の選手とマネージャー全員の集合写真

■秋季北信越大会では県3位からベスト4

長野県茅野市に所在する東海大学付属諏訪高等学校。1963年東海大学第三高等学校として開校し、2004年に東海大学付属第三高等学校、2016年に現校名の東海大付属諏訪高等学校になった。
現校名の東海大付属諏訪高等学校になってから甲子園出場はないが、前校名の東海大付属第三高等学校時代は春3回・夏1回甲子園に出場している。現チームでは秋季長野大会で3位に入り北信越大会に出場し、ベスト4進出を決めた。

■東海大諏訪の練習環境とチームのウリは?

前チームでは1年生43名、2年生36名、3年生24名、計103名で活動し、野球部専用グラウンドがあるが100人を超える部員がいるため、近所の神社の階段や学校の階段、校舎周辺の坂道を使ってトレーニングに励んでいた。

今年のチームには3つのウリがある。
・勢いづいたら止まらない
・投手力が高い
・応援の盛り上がりがとても良い
この3つを武器に「甲子園で勝利」を目標に日々練習している。

■チームがスタートしてからの思い出深い試合とエピソードは?

新チームが始まった時、「練習でも試合でも一人一人が、今何が必要か考えて野球をする」をテーマにし、オフシーズンでは「速さを強さ」へをテーマにトレーニングに励んでいる。

秋季北信越大会高岡商戦が新チーム始まって最も印象に残っており、「県予選ではコールド勝ちが多く、劣勢の試合展開が少なかったが、この試合は8回表終了時点で7対3で負けている状況でした。それでも勝ちたいという想いから、8、9回に追いつくと、延長10回にサヨナラ勝ちを決めることができました。相手が夏の甲子園ベスト8の格上だったからこそ、全員が挑戦者の気持ちで、最後まで諦めずに、自分たちらしい試合ができたので、とても心に残っています。」(上林勇貴主将)

No image

室内練習場での練習中の様子

■新チームを引っ張ってきた選手は?

上林主将が、昨秋の活躍した選手としてあげたのは横田夏己選手と早川達選手だ。「横田選手は エースとして毎試合好投してくれ、日本文理高校相手に1失点の完投したこと。早川選手はチャンスの場面でいつも打ってくれました。公式戦打率5割越えの成績を残す活躍をしました。」
春以降のキーマンは横田夏己、松山遼、清水絢斗の3名をあげ、チームの中で凄い長所を持つ選手は寺嶋太陽選手の長打力を挙げた。上林主将は寺嶋選手に「春、夏の大会で本塁打をたくさん打ってくれることを期待しています」と話す。

■春・夏への意気込み!

秋季北信越大会を通じて、体の大きさや強さの違いを感じたため、ウエイトトレーニングにもしっかり重点をおいて、春には甲子園常連校に負けない体作りをやっていきたい。また、秋の大会の結果は春、夏には全く関係ないので、チーム内でも学年関係なく、競争心をもって取り組めるように、全員が意識高くやっていきたいです!」(上林主将)

副主将2人が考えるチームの課題

No image

五味雅翔選手(左)と寺嶋太陽選手(右)

ここからは、東海大諏訪の五味雅翔副主将と寺嶋太陽副主将の2人にお話しを伺いました。

Q.秋季大会などを経て、見つけた課題を教えてください

五味:練習通りのプレーを試合でできるかどうかと、チャンスをものにできなかったことです。
寺嶋:チームとしては守備でのエラーが目立ったので基本から見つめなおすことです。打撃では、バントができない場面が多かったので、バッティングの基本で肝心なバントから見つめなおすことです。
個人としては打撃で、インコースのストレートに対応ができず、秋大でとても苦戦したのでストレートを打てるようにすることが課題です。

Q.このオフシーズンの目標、個人的に強化したいことを教えてください。

五味:スイングスピードup、背筋力を上げて飛距離を伸ばすこと、下半身の強化の3つです。
寺嶋:バッティングで必要な下半身強化と体重、筋力UPです。厳しい練習をして、自分に自信をつけたい。メンタルも強化したい。チーム全体としてはスイング量を多くすることです。

Q.応援する方々へ自分のここを見てほしいというのを教えてください。

五味:笑顔と元気です!
寺嶋:打撃面でチャンスでの打てるようになること、変化球への対応、長打力です。

Q.チームの好きなところや、他のチームに負けていないところはどこですか?

五味:諦めの悪さと元気!
寺嶋:上級生、下級生の仲が良く、指導者も含めチーム全体でコミュニケーション能力がとれるところです。打撃練習を多くやっているので、打ち勝つ野球は他のチームに負けません。

Q.このオフシーズン、「自分はここまで成長するぞ!」という熱い意気込みをお願いします!

五味:冬が明けたら長野県を代表する打者になる
寺嶋:「冬を制する者は夏を制す」を自分のスローガンにして妥協をしない。チームみんなに頼れる4番と言われるように成長します。

五味選手、寺嶋選手、ありがとうございました!

自分の上限を決めないでベストを尽くそう!

No image

主将の上林勇貴選手

宮坂雄大部長にお話を伺いました。

Q. 今年のチームは新チームが始まってからどんなテーマを持ってチームを作り上げてきましたでしょうか。

監督の意向で、「一人一人が考えて野球をする」ことをテーマにして取り組んできました。試合で動くのは選手自身であり指導者ではありません。その場その場で最善の動きを瞬時に判断し行動できなければ勝てるチームにはなれません。指示されて、指導されて、指導者の言いなりでやっては勝てないのです。

冬の練習も同様です。指導者から押し付けられてこなす練習では選手の成長に繋がりません。課題も選手一人一人違うはずです。今の自分になにが不足しているのか、何を鍛えるべきなのかを自ら考えて取り組むべきであると考えます。新チームが発足してから現在まで、そして夏の大会まで考えることをテーマに邁進してまいります。

Q. 最後に、これから厳しい冬の練習に挑んでいる選手たちにメッセージをお願いします!

一分一秒、一球一球、一日一日後悔することがないように努力しよう。自分で自分の上限を決めず、まだやれる!もっと強くなる!という気持ちを大切に、ベストを尽くそう!
野球ができるという喜びと感謝の気持ちを忘れず、大好きな野球を思う存分楽しんでくれ。

宮坂部長。そして、東海大諏訪高校野球部の皆様ありがとうございました!

今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ】

各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
春の千葉は一次予選から見逃せない!まだまだ隠れた逸材が!【後編】
郡山(奈良)「夏に勝てるチーム」を目指して心・技・体を磨き上げる!
勝利を通じて深めた自信と敗北から学んだ「らしさ」の重要性 橿原(奈良)【前編】
「金属バットを使うのは日本くらい」筒香嘉智が高校野球に提言し続ける理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加