栃木安斎竜三新HCが初陣飾る、最大17点差を逆転

栃木安斎竜三新HCが初陣飾る、最大17点差を逆転

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/11
No image

ベンチから大きな声を出す栃木の安斎竜三新ヘッドコーチ(撮影・戸田月菜)

<バスケットボールBリーグ:川崎85-86栃木>◇11日◇トッケイセキュリティー平塚総合体育館

昨季王者の栃木ブレックスは川崎ブレイブサンダースとの接戦を制し、安斎竜三新HC(37)の初陣を勝利で飾った。

前半は川崎のペースにのまれ、最大17点差をつけられるなど苦戦した。ハーフタイムには安斎HCが「自分たちの守備ができないようでは勝つ見込みはない」と厳しい言葉を選手にかけ、そこから一気に集中力も高まった。

エースの田臥勇太(37)は「前半はだらだらしていて、シャープじゃなかった。強いチームを目指す上で、前半のダメなところは後半で修正していく」と語った。第4Q残り56秒で田臥のシュートで同点に追いつき、残り1・1秒でのライアン・ロシター(28)のスリーポイントで勝負が決まった。田臥は「守備から攻撃につなげていけるようにする。明日も気を引き締めて頑張りたい」と勝利したものの満足はしていなかった。

今季から指揮を執っていた長谷川健志前監督(57)の辞任が10日に発表され、アシスタントコーチを務めていた安斎氏が監督に昇格した。同氏は現役時代栃木でプレーしていたこともあり「このチームに誇りを持っている。今季は良いところをファンに見せられていないので1人1人がプライドを持ってやりきりたい」と意気込んだ。

12日の川崎戦は、同会場で午後2時5分開始予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千葉近藤が千金弾、8位から大逆転でJ1昇格PO
「昇格したときの10番になれるように...」千葉MF町田也真人の成長促す“ナンバー10”
千葉、エスナイデル監督の続投発表「とても誇りに」
湘南高山が重傷から8カ月ぶり先発「新鮮...幸せ」
東京V・ロティーナ監督、PO初進出に笑顔「開幕前はほとんどの人が予想していなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加