ドジャース、サヨナラ勝ちで3連勝 復帰登板の前田は5回2失点

ドジャース、サヨナラ勝ちで3連勝 復帰登板の前田は5回2失点

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/06/14
No image

乱闘劇を起こしたレンジャーズのチリーノス捕手(左)とドジャースのケンプ外野手(中央)

○ ドジャース 3x - 2 レンジャーズ ●
<現地時間6月13日 ドジャー・スタジアム>

右股関節の張りで故障者リストに入っていたドジャースの前田健太投手が13日(日本時間14日)、インター・リーグ(交流戦)のレンジャーズ戦に先発登板。5回2失点で自身5勝目とはならなかったが、チームはサヨナラ勝ちで3連勝とした。

前田は2回途中で降板した5月29日(同30日)のフィリーズ戦以来、15日ぶりの実戦マウンド。2回を終え14球、無安打無失点と上々のスタートを切った。その間に打線が2点を先制。前田は3回のピンチを凌ぎ、序盤を無失点で乗り切った。

3回裏、ドジャースの攻撃中にハプニングが発生。本塁上のクロスプレーで、ドジャースの二塁走者・ケンプと、レンジャーズの捕手・チリーノスが正面衝突。両軍入り乱れる乱闘劇へ発展し、ケンプとチリーノスには退場が命じられた。

前田は直後の4回、一死からレンジャーズの中軸に3連打を浴び、瞬く間に2-2の同点に追いつかれた。それでも、5回表のピンチを凌ぎ、その裏に代打を出され降板。復帰戦は5回76球を投げ、5安打2失点、1奪三振4四死球の内容。同点時降板のため4勝4敗は変わらず、防御率は3.61となった。

ドジャースは救援陣が無失点リレー。攻撃陣は延長11回、一死満塁の好機を作り、最後は相手右腕・ブッシュの本塁悪送球でサヨナラ勝ちした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー 2度目の打撃投手 元同僚マー君らと談笑
マエケン 自己ワースト5四球「指先に力が伝わらない感じ」
【MLB】イチロー、球宴ホームランダービーに出場? マ軍指揮官“推薦”「素晴らしい事」
スタントンが放った75年間で2本しかない一発とは
マー君「リハビリは非常に順調に進んでいる」と監督
  • このエントリーをはてなブックマークに追加