【フランクフルトモーターショー2017】次世代電動ロンドンタクシー、欧州全域に投入へ...航続640km以上

【フランクフルトモーターショー2017】次世代電動ロンドンタクシー、欧州全域に投入へ...航続640km以上

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/14
No image

ロンドンEVカンパニーの次世代電動タクシー

もっと画像を見る
英国のロンドンEVカンパニー(旧ロンドン・タクシー・カンパニー)は9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、次世代電動タクシーを欧州全域に投入すると発表した。

次世代電動クシーは、同社のタクシー開発のノウハウを生かしながら、親会社のボルボカーズを含むジーリー(吉利)グループ傘下と共同開発。車椅子のアクセシビリティ、操縦性といった車両の特徴を保持しながら、乗客用の6座席を備えた室内空間と環境に配慮した電動パワートレインなどを追求する。

この新しい電動タクシーは、2017年第4四半期(10~12月)にロンドンで発売。その後、欧州全域に投入されることが決まった。フランクフルトモーターショー2017では、特設ブースの「ニュー・モビリティ・ワールド」に、次世代EVタクシーのドイツ仕様車を展示。同社によると、欧州各国の規制に応じた仕様を開発できるという。

電動パワートレインは、モーターを基本に、小型ガソリン発電機を備えた「eCity」と命名。eCityでは、最大およそ110kmをゼロエミッション走行。バッテリー(二次電池)の残量が少なくなると、発電専用の小型エンジンが始動。モーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、航続はおよそ640km以上へ拡大する。同社は、「英国ロンドンからフランス・パリまで、無給油で走行可能」と自信を見せている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか
エプソンが高級腕時計を突然発売した理由
【東京モーターショー2017】スズキ二輪車の出品予定...ワールドプレミア2台[写真蔵]
ソフトバンクがAI新会社設立へ、孫社長「300年帝国」の野望が始動
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加