最新ランキングをチェックしよう
楽団員も客席も思わず笑いに包まれた、オーケストラでのハプニング

楽団員も客席も思わず笑いに包まれた、オーケストラでのハプニング

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2017/12/06

ストラヴィンスキーの楽曲「火の鳥」を演奏するオーケストラ。

楽曲の途中で全てのパートの演奏が止まり、しばしの静寂の後に演奏が再開されたその瞬間、大音量に驚いた観客の短い悲鳴が響き渡る。

マナーとしてはダメなことだけど、演奏している楽団員も観客たちも、思わず笑ってしまっているのが微笑ましい。

Stravinsky Firebird SCREAM

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Thinking Dogs新スカート衣装ビジュアル解禁!ニューシングル『愛は奇跡じゃない』カップリング収録曲も発表!
「メガロボクス」主演に細谷佳正 「あしたのジョー」への憧れを役に込めて挑む
夜の本気ダンス、ツアー初日公演を収めたライブDVDの先行試写会を開催
「きっと、ナニモノにだってなれるんだ。」Surface×MAN WITH A MISSIONコラボムービーよりプロローグ映像公開
Gateballers 新譜収録曲「Beautiful girl」MV解禁!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加