阪神・メッセ、3億5000万円の2年契約「日本シリーズまで投げ抜く」

阪神・メッセ、3億5000万円の2年契約「日本シリーズまで投げ抜く」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

阪神は29日、ランディ・メッセンジャー投手(35)、マルコス・マテオ投手(32)と来季契約を締結したと発表した。メッセは年俸3億5000万円の2年契約。マテオは1億1000万円の1年契約。今季チームトップの12勝をあげたメッセは来日8年目に向けて「日本シリーズまで投げ抜く」と早くも鼻息が荒かった。

米テネシー州ノックスビル市内のホテルで、メッセンジャーは契約書にサインをした。

「来季も阪神タイガースでプレーできることに誇りを感じます。まだ経験していないリーグ優勝を、ぜひとも、金本監督とともに勝ち取りたい気持ちでいっぱいです」

今季はチームトップの12勝(11敗、防御率3・01)。すでに来年3月31日の広島戦(マツダ)での3年連続となる開幕投手を内定させている。日本人扱いとなる国内FA権を2018年シーズン終了後に獲得する。高野球団本部長は「シーズン中から話はさせてもらった」と残留に全力を注いだことを明かした。

「来季は日本シリーズまで投げ抜く強い気持ちをもって挑みます」

新スローガン『挑む』を使って、胸を張った。タフネス右腕が、早くも武者震いしている。 (阿部祐亮)

No image

メッセンジャーは2年契約。来季は日本シリーズまで投げ抜くぜ!(阪神タイガース提供)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
中日打撃投手転身の久本、落合GMから熱い電話「お前だから電話しているんだぞ」
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
森福、鉄也にメラメラ!山口俊の目標は完投!巨人FA加入W入団会見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加