ZMP、無人自動運転に対応した公道実証実験支援パッケージを発売

ZMP、無人自動運転に対応した公道実証実験支援パッケージを発売

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/12
No image

隔型自動運転システムの構成

ZMPは、無人自動運転を用いたサービス開発向け公道実証実験支援パッケージの販売を1月11日より開始した。

同パッケージは、自動運転技術開発向け実験車両「RoboCar MiniVan」のほか、自動運転用コンピュータ「IZAC」や走行エリアの高精度マップ、映像監視システムと遠隔運転席設備、実証実験の計画・シナリオ立案支援、ソフトウェアカスタマイズなどの作業を含む。さらに自動運転に関するハード・ソフトだけでなく、計画立案、行政・警察への届け出や実証実験オペレーションもサポート。実証実験に向けた準備期間短縮が可能となる。

ZMPは、自動車/部品メーカ、大学等に自動運転技術開発向け実験車両「RoboCarシリーズ」を販売するとともに、2014年からは公道での自動運転実証実験を実施。昨年12月には日本初となる遠隔型自動運転システムによる公道実証実験を都内で実施、今回、その成果をもとに、無人自動運転を含めた実証実験支援パッケージの販売を開始した。

価格(税別)は、支援期間が3日間程度の自動運転サービス実証実験の場合で、8000万円より。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GoogleのAutoMLで誰もが機械学習を利用できる――プログラミング不要、ビジネス利用へも
『一太郎』利用の農水省が『Word』に完全移行へ 「働き方改革の一環」報道にネットでツッコミ殺到
「新型ゲームボーイ」が2018年に登場!ソフトも全部互換
900万円の女 AI搭載の受付ロボ「協栄アイちゃん」の実力
今年もっと流行ってほしいデザイントレンド5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加