ユムティティ 契約条件が向上

ユムティティ 契約条件が向上

  • スポルト
  • 更新日:2017/11/13
No image

契約条件向上のユムティティ

2016年にFCバルセロナに移籍して以来、一線で活躍してきたユムティティ。以前より契約期間の延長と条件の向上がなされると噂されていた。
ユムティティの現在の契約条件は実績に見合っているとは言えない。

現在の年俸は300万ユーロ(約3億9,000万円)を少し上回る程度であり、FCバルセロナの選手たちの平均を下回っている。また契約違約金は6,000万ユーロ(約79億円)という、欧州の強豪クラブから見れば安すぎる数字だ。

FCバルセロナは8月にユムティティと兄のヤニックを集めて対話の場を持ち、契約条件の改善を提案した。
しかしその際にユムティティとヤニックから、急激に契約の改善を行う必要はなく、ユムティティが現状で満足していることから、当初予定していた通りのタイミングで条件の見直しを行いたいとの要望があった。

ユムティティの契約満了は2021年であるが、おそらく次の交渉で契約満了が1-2年延長されるだろう。また、契約違約金は1億8,000万ユーロ(約238億円)にまで増額される。この金額はGKテア・シュテーゲンと同様である。違約金の大幅な増額によって、他クラブにユムティティを奪われる可能性が減少することになる。
このままでいけば、バルサとユムティティの対話は2018年早々に開始され、今シーズンが終了する前に決定することになる。

ユムティティと代理人は、メディアに詮索されることなく試合に集中したいという姿勢を明らかにしている。

23歳のユムティティは早期の条件向上を望まず、移籍市場に関心が無いと言い切る数少ない選手だ。兄のヤニックによれば、昨夏よりユムティティにはプレミアリーグなどの数多くのクラブの引きがあるそうだ。しかしユムティティ側の目的は、バルサでのポジションを確立し、トップチームの主要メンバーの一人としてふさわしい契約を改めて結ぶことだ。
今後バルサがユムティティの活躍を評価し、ふさわしい条件を提示することが期待されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
モイーズ初陣は敗戦...ウエスト・ハムのファンが不満から警察に通報
サッカーW杯、スペイン代表が「分裂」する未来もあり得る
ドルトムント、規律違反のオーバメヤンがCLトッテナム戦で復帰へ
スペイン紙、W杯の“死の組”を予想。ポット4からは日本代表が選出
UEFAが“究極のベスト11”を発表!C・ロナウド、メッシのほか引退した選手の名前も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加