「守備に自信」で墓穴のドロー。F・マリノスに逆転優勝の目はあるか

「守備に自信」で墓穴のドロー。F・マリノスに逆転優勝の目はあるか

  • Sportiva
  • 更新日:2017/09/19

「どちらもチャンスを作って、正当な結果だった」

試合後、横浜F・マリノスのエリク・モンバエルツ監督は語っている。豪雨の中、選手たちが健闘したことは間違いない。しかし、逆転優勝には勝利が不可欠の一戦だった。88分、直接FKから柏レイソルに追いつかれた。

なぜ、横浜は勝ちきれなかったのか?

No image

柏レイソル戦で今季初得点となる先制ゴールを決めた齋藤学(横浜F・マリノス)

J1リーグ第26節、日産スタジアム。5位の横浜F・マリノスは本拠地に3位の柏レイソルを迎え撃った。首位、鹿島アントラーズにこれ以上引き離されないためには、両者ともに勝利が必要なゲームだった。

台風18号の影響で豪雨に見舞われたものの、ピッチの水はけが抜群によく、悪影響は出ない。前半、流れをつかんだのは横浜のほうだった。

「前半は立ち位置が決まらなかった」(柏・大谷秀和)

柏のプレスがはまらない。大谷が獅子奮迅の働きで穴をカバーするが、チームとしてはどこかちぐはぐなまま。ボールを動かされると、距離感がバラバラになってしまう。

前半9分だった。横浜FMはセンターバックのパク・ジョンスが、ひとつ前へポジションを上げた左サイドバックの山中亮輔に斜めのパスを送る。なんでもないプレーに映ったが、柏の右MFが背後を取られ、それに焦った右サイドバックが前に出てしまい、バックラインにギャップが生み出される。スペースを得た山中はアーリークロスを選択。一度はセンターバックにブロックされるも、こぼれ球を齋藤学が拾い、落ち着いて右上隅にねじ込んだ。

「前半は横浜の左サイドが強力で、齋藤に山中が絡んできた。縦を切るとカットインされてしまい……主導権を握られてしまった」(柏・下平隆宏監督)

横浜FMはその後も齋藤を軸に試合を進め、前半終了間際にはヘディングで追加点の好機も得ている。柏のシュートをわずか2本に封じ、攻め手を作らせなかった。完全に流れを味方にしていた。

ところが後半になると、潮目が変わる。

「プレスがかからないと、ディフェンスラインが下がってしまう」(横浜FM・齋藤)

横浜FMは受け身となってしまい、形勢は逆転。ボールを握れず、優位だったサイドの攻防でも後手を踏む。

もっとも、横浜FM陣営には密かな自信もあったのだろう。今シーズンは出足こそ苦しんだものの、第14節の川崎フロンターレ戦では攻め込まれながらも粘り強く守り切った。この勝利をきっかけに、「守って勝つ」というパターンを身につけていた。

「チームとして、FWも”守備から”というのはあって。相手ボールのときは自陣の真ん中まで戻るのが決まり事ですね。(下がりすぎたのは)そのやり方で勝ち切ってきたというのもあったのですが……」(横浜FM・富樫敬真)

堅い守りこそ、戦術軸だった。

一方の柏は後半になると、大谷が後方に下がってビルドアップし、ボールの回りがよくなる。パスがつながって、ゴール前に迫り、シュート数も増える。クリスティアーノ、ハモン・ロペスという大砲がエリア内に居座り、さらに70分には大津祐樹も加えたことで、力攻めの展開になった。

これに対し、横浜FMはゴール前にベタっと張り付いてしまう。まさにロープ際でパンチを打ち込まれる状態になった。82分にFWの富樫を引っ込め、守備的MFの喜田拓也を投入したことで、相手の攻撃の勢いはさらに増した。攻められるたび、事故が起きる確率が上がっていった。

そして88分だ。シュートブロックのこぼれ球を喜田が相手選手とゴール正面でもつれあい、ファウルの判定を受ける。このFKをクリスティアーノに右足で流し込まれ、同点に追いつかれた。

「あれを(ファウルに)とられるときつい」(横浜FM・喜田)

判定は正当に見えたが、それ以上に、これはどこかで起きる破綻だった。受け身になる時間帯が長すぎた。齋藤が珍しく後半途中で足をつってしまうなど、守勢に回る時間は体力も奪っていた。精神的にも、同点にされてから攻めに転じる余力は残っていなかった。ベンチもそれを察してか、残っていた攻撃的なカードを切っていない。

横浜FMは頼みとする守備への自信で、墓穴を掘ることになった。失点数21はリーグ最少。確かに堅い守りは躍進を支えてきた。しかし得点数は32でリーグ8位。優勝を狙うには、攻撃力が物足りない。

首位、鹿島との勝ち点差は10に広がったが、逆転優勝の糸口はあるのか?

「今は1試合1試合、可能性がある限り、最後まで死ぬ気で戦うだけ。その結果、8連勝すれば、どうなるかわからない。今日はようやく(今季初)ゴールできたけど、1試合1得点以上できるようにしたいし。できないことではないと思っているから」

齋藤は広報担当者から手渡されたペットボトルの水を飲み干してから言った。エースの爆発。単純すぎる答えだが、それが逆転優勝へ向かうわずかな希望となる。

■Jリーグ 記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
磐田入り内定、筑波大FW中野誠也が見せた期待感。天皇杯で得たに違いない成長の糧【カメラマンの視点】
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
G大阪長谷川監督、初瀬&米倉に発奮求める
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
堂安律が電光石火の移籍後初ゴール!「得意な形。頭をバンバン叩かれました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加