4mの落下も大丈夫! カシオが最強タフネスデジカメ「G’z EYE」を発表

4mの落下も大丈夫! カシオが最強タフネスデジカメ「G’z EYE」を発表

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/10/11
No image

「G’z EYE GZE-1」

カシオ計算機は10月11日、エクストリームスポーツ向けのアクションカメラ「G’z EYE GZE-1」を発表した。10月27日発売予定で、予想実売価格は5万円前後。

No image

本体前面。四方にインジケーターランプを搭載。レンズは取り外せない

No image

本体上面。真上にシャッターボタン、左に電源ボタン、右に「ドラマチックスロー」ボタンを搭載する

No image

本体背面。腕時計のようなデザイン。モニターレスだ

No image

背面カバーを外すと、メディアスロットとバッテリーにアクセス可能

ダンスやBMX、スケートボード、スノーボードといったスポーツでの使用に耐えうる耐衝撃性や防水性能を誇る。

No image

最強のタフネス性能を実現

No image

「G-SHOCK」の技術も採用している

No image

ワニにかまれても大丈夫……らしい

No image

ステージ上に突如ドローンが飛来。GZE-1をそのまま投下して耐衝撃性をアピール

カメラユニットをウレタン樹脂でカバーすることで4mからの落下に耐えられる。また、同社のタフネス腕時計「G-SHOCK」で培ったボタンガードシリンダー構造を採用することで、水深50mまでの防水性能を持つ。このほか、マイナス10度の耐寒性、IP6Xの防塵性を備える。

No image

「ドラマチックスロー」はボタンを押す前や押した後、スローモーション動画になる

機能面では「ドラマチックスロー」を搭載。動画撮影中の決定的なシーンにおいて、ボタンを押すことで120fpsまたは240fpsのスローモーション撮影に切り替えられる。

スローへの切り替えタイミングはボタンを押す前、前後、押した後の3つから選択でき、1本の動画で何度でもスローモーションに切り替えられる。

No image
No image

スマホアプリアプリ「G’z EYE」。ライブビュー表示が可能だが(左)、ライブビュー非表示の操作も可能(右)

操作ボタンとインジケーターランプを搭載するの単体での撮影も可能だが、モニターは非搭載のため、ライブビューを確認するには基本、スマートフォン+専用アプリ「G’z EYE」で操作する。

No image
No image

液晶コントローラー(左)とリモートコントローラー(右)

また、別売で「リモートコントローラー」(ボタンのみ)、「液晶コントローラー」(タッチパネル式液晶モニター)を用意。スマホを使わなくても遠隔操作が可能となる。

なお、液晶コントローラーは同社の分離型デジカメ「EX-FR200」とハードウェア的には同じだが、ソフトウェアが異なるとのこと。このため、FR200のファームウェアを書き換えることでGZE-1に対応させることは可能だが、そうするとFR200が使えなくなる。

また、FR200などで実現できたカメラ2台の同時表示には対応しない。

No image

撮影モード。タイムラプスや高速連写などが可能

No image

メイクアップモードも搭載する

No image

感度設定はISO 3200まで

No image

手ブレ補正は動画のみ有効

No image

動画設定。フルHDや240fpsのハイスピード撮影も可能

No image

BluetoothとWi-Fiに対応。画像をスマホに送信できる

レンズは単焦点の13mm。190.8度(FHD動画撮影時は170.4度)の超広角仕様となっており、広い範囲をカバーできる。

撮像素子は有効690万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを採用。無線LANやBluetoothに対応する。

No image
No image

会場にはブレイクダンサーのShigekix氏やプロサーファーの加藤嵐氏らがゲストとして登場。Shigekix氏は会場でブレイクダンスを披露した

■関連サイト

製品情報

カシオ計算機

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【GEPR】蓄電池に「ムーアの法則」はない
デスクトップPCとして使えるスマホ「Mate 10」の超便利機能
モリサワの3書体を無料で入手できる!「MORISAWA BIZ+」スタンダード版が提供開始
話題のAIスピーカー"Google Home" を使って驚いた
ドコモの2画面スマホがまさかの復活 ZTE製「M Z-01K」1月発売予定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加