4ヶ国語に対応!飲酒量計測ガジェット「TISPY2」はゲストの計測も可能に

4ヶ国語に対応!飲酒量計測ガジェット「TISPY2」はゲストの計測も可能に

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/05/24
No image

お酒を飲む量は人によって様々だが、ひとつ共通していえるのは「酒は飲んでも、飲まれるな」ということだろう。ついお酒を飲みすぎてしまい二日酔いで苦しんだなんて経験をしたことのある人も多いのではないだろうか?

お酒好きにおすすめのガジェット「TISPY」を以前に紹介したが、そんなTISPYがグレードアップして帰ってきた。「TISPY2」を紹介しよう。

・ゲストのアルコール濃度も計測!

No image

TISPYは息を吹きかけるだけでアルコール濃度を計測し、アルコール濃度と合わせて「まだ飲めそうですね」や「そろそろ水を飲んだ方が良いです」といったアドバイスを表示してくれるガジェットだ。今回のモデル2ではこれに新たに「ゲストモード」が加わったそうだ。

ゲストモードでは、メインユーザー以外の人でも同じ端末を利用することができる。ゲストモードでのデータは蓄積されないため、学習機能によりパーソナライズされたメインユーザーのデータに影響を与えることがないのは嬉しい点だ。

・4ヶ国語にも対応で異文化交流にも

No image

言語モードには日本語のほかに英語、中国語、韓国語が加わった。これにより、グローバルな場でも利用できるだけでなく、その場の会話のネタにも使えるのではないだろうか?

本体先端に息を吹きかける点は変わらない。ジャケットの胸ポケットに入る程度の小型サイズなので、飲み会の幹事の人や、特にお酒に弱い人などがもっておくと役に立つかもしれない。

もちろんスマホのアプリにログも残るので、自身のセルフケアを考えるきっかけにもなるだろう。TISPY2は現在Makuakeにてキャンペーンを実施しており、1台1万2750円(税込)から出資注文が可能だ。2019年8月末までの発送を予定している。

執筆:Doga

TISPY/Makuake

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
きわめて危険、しかも違法な携帯の充電方法
今すぐブラウザで試して遊べる「AI」5選
現金持たない派にぴったり。クレジットカードが収まるスマホケース【今日のライフハックツール】
昭文社、インストール型のパソコン用地図ソフト「スーパーマップル・デジタル 20」を発売
「小中学校で1人1台の端末」なんて夢のまた夢。そもそもネットにつながらない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加