中国・習主席「世界の遅刻王」に、プーチン露大統領に「完勝」―米華字メディア

中国・習主席「世界の遅刻王」に、プーチン露大統領に「完勝」―米華字メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/11/13
No image

中国・習主席「世界の遅刻王」に、プーチン露大統領に「完勝」―米華字メディア

12日、米華字メディアの多維新聞は、中国の習近平国家主席がプーチン露大統領に「完勝」し「世界の遅刻王」になったと伝えている。資料写真。

2017年11月12日、米華字メディアの多維新聞は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がプーチン露大統領に「完勝」し「世界の遅刻王」になったと伝えている。

韓国紙・中央日報の報道を引用して伝えたもので、日米中露など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が10日、ベトナム中部ダナンで開幕したが、習主席は20カ国・地域の首脳を長い間待たせた「世界の遅刻王」になった。

中央日報は「これまで主要国首脳の中で悪名高い遅刻王はプーチン露大統領だった」と指摘。「9月の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談に34分も遅刻した」とし「それでも34分の遅刻はまだ良い方で、14年にはドイツのメルケル首相を4時間、16年には日本の安倍首相を2時間待たせた」とした上で、「そんなプーチン大統領もAPECの夕食会には後ろから3人目に入場し、それからしばらくたって会場に姿を見せたのが習主席だった」と報じている。

中央日報はまた「ロシアと中国の遅刻競争とは異なり、トランプ米大統領、文大統領、安倍首相は比較的早く会場入りした」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ韓国人が喜んで日本観光へ行きたがるのかが理解できない=韓国メディア
脱北者が明かす金正恩政権下の北朝鮮「すでに崩壊している」―米紙
日本以外に日本語が公用語の国があったのか!―中国ネット
「どうして日本人は一年中...」中国人がどうしても理解できないこととは?=中国ネット「韓国も同じ、本当に耐えられない」「私は好きだけど」
韓国ネットが選んだアジアの5大名将、日本から1人、中国から2人、1位は韓国の名将―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加