ブルーエアからコンパクトでカジュアルな空気清浄機が1万8000円で登場

ブルーエアからコンパクトでカジュアルな空気清浄機が1万8000円で登場

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13

スウェーデンの空気清浄機「Blueair」の日本総代理店であるセールス・オンデマンドは、Blueairのカジュアルライン「Blue by Blueair」の新モデル『Blue Pure 411』を10月25日より一部百貨店、家電量販店、及び公式ウェブサイトにて販売を開始する。公式ストア価格は1万8000円。

No image

『Blue Pure 411』はカジュアルラインでありながら、空気清浄機専業メーカーであるブルーエアならではの高い空気清浄テクノロジーや、日常的な手入れが不要という快適性、シンプルな操作性といったフィロソフィーを踏襲している。

しかも直径200mm、重量約1.52kgとコンパクトながら、〜22m2(~13畳)もの空間に対応。円筒形の形状を活かした360度全方向吸引で、パワフルに空気を清浄していく。天面には、中央から外周に向かって経口を徐々に拡大した供給口が多数配列されており、速さの異なる独自の気流を生み出し上方へ空気を供給する。吸引・供給機構が室内の気流にパワフルに働きかけ、部屋の隅々の空気まで効率よく循環させる。

No image

米国環境保護庁とエネルギー省によって定められたEnergy Starを取得。1日あたりの電気代はわずか約0.8円と電気代を気にすることなく、24時間/365日安心して使用できる。

カラフルなプレフィルターは水洗いが可能で繰り返しの使用が可能。メインフィルターは日常的な清掃は不要で、約6か月ごとの交換で初期性能にリフレッシュできる。また電源ON/OFFや3段階の運転スピードの調整は天面のボタンをタップするだけ。操作も手入れもシンプルだ。

本体サイズは幅200×奥行き200×高さ425mm、約1.52kg。適用床面積(JEMA)は〜22m2(〜13畳)。清浄空気供給量は290-620m2/h。運転音は17〜46dB。

No image

関連情報

http://blueair.jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】ヤマハは『MOTOROiD』や『MOTOBOT Ver.2』 など20モデルを出展
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
これがプロの仕事だ! 風車の長い長い羽根を載せて90度曲がるトレーラーの動画がすごい
マツダCX-8 重さとの戦いを制した3列シートの復活
ボロ物件で家賃年収2000万へ! 現金200万円以下で買える物件で不動産投資に成功した男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加