「個人や局面で守れても...」3失点のショックから切り替える酒井宏樹

「個人や局面で守れても...」3失点のショックから切り替える酒井宏樹

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12
No image

10日のブラジル戦(1-3)から一夜明け、FWネイマールとのマッチアップで存在感を発揮した日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)だが、チームとして3失点を喫したという事実に「ショックを受けた」と吐露した。

「3失点という時点で僕はすごくショックだった。個人や局面で守れてもまったく別です。(チームとして失点を)ゼロに抑えることを目標に毎試合やっていますから」

幸いなことに、無失点に挑戦するチャンスはすぐにやってくる。中3日で迎えるベルギー戦(ブルージュ)だ。「ここから切り替えて、ベルギー戦に向けてまた100%でいかないといけない。引きずっていたら1年間引きずってしまう」と自らを奮い立たせた。

ベルギーは10日の国際親善試合でメキシコと対戦し、3-3の引き分けだった。この試合には3-5-2のシステムで臨んでいるが、相手がどんな形であれ、やるべきことは変わらない。

「僕らには型もないし、しっかり相手に合わせていくのが僕らのサッカー。試合に入ったらパターンはないので、ミーティングをしっかりしたうえで情報を得る。パニックにならないように、いろんな情報を集めるのが大事なのかなと思う」

短時間で気持ちをフレッシュに切り替える作業は、W杯本大会でも必要になる可能性はある。それは酒井宏樹も承知済みだ。「(W杯の)グループリーグには最低でも1チームは強いチームがある。ブラジルのようなチームに勝たないといけないシチュエーションになる場合もあるし、どうしても勝ち点1が必要という状況になることもある」。ロシア大会に思いを馳せ、ベルギー戦を見据えた。

(取材・文 矢内由美子)

●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昌平FW森田が鮮やかV弾!埼玉予選途中から先発の2年生が決勝で舞う
ハリルを知る外国人記者が疑問視「日本の選手をトップレベルに成長させるメンタリティの持ち主か?」
稀代のドリブラー、本山雅志をも唸らせた「オノシンジの超絶技巧」
1、2年生台頭の広島皆実が「心を一つに」5連覇達成!08年度以来の全国王座奪還へ:広島
目指すは2020年東京でのメダル。森保一が五輪代表監督に適任である理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加