りゅうちぇるの号泣映像にスタジオから困惑の声

りゅうちぇるの号泣映像にスタジオから困惑の声

  • Yomerumo
  • 更新日:2016/10/20

アナウンサーの枡太一を司会に、芸能人の様々な活躍シーンの中でテーマに沿った「人生で最も○○だった瞬間」について、最優秀賞を決めていく番組「スターMAXアワード~あの頃アイツはすごかった~」(日本テレビ系)。

10月16日放送回は、ゲストの中でも元プロサッカー選手の武田修宏と、人気読者モデルのりゅうちぇるが番組の中で盛り上がりをみせていた。

●武田の「モテ時代」に出した恥ずかしいイメージビデオ

まず審査されたのは、人生で最も「モテた」瞬間を発表する「モテMAX部門」。

この部門では、トレンディエンジェルの斎藤司が、まだ髪がふさふさだった19歳の写真が公開されスタジオを沸かせた。

だが、さらに衝撃的だったのが、元プロサッカー選手の武田修宏だった。

まず、武田の高校時代のVTRが流れたのだが、朴訥な学ラン姿でインタビューに答え「プロになって…ゴールをたくさん決めて・・・」と小さな声で話す姿は、今から想像もつかないものだった。

そんな武田だったが、JリーガーになりJリーグ得点王に輝くなどの活躍で、まさに「モテ時代絶頂期」にはかなり迷走していた様子だった。

この"モテ時代"に出したという写真集やイメージビデオが番組で紹介されたのだが、内容がかなり変わっていた。

写真集で武田は、裸体にパンタロンを履き、サスペンダーの紐で乳首を見え隠れさせるという謎のファッションを披露。

さらに、サッカー界初となる「イメージビデオ」も紹介されたのだが、映画「ランボー」かのように、ジャングルを駆け回ってライフルを撃つという、これまた謎の演出であった。

そして「モテMAX最優秀賞」が発表が行われ、審査委員長の女優・稲盛いずみが武田を選びこの部門は終了した。

ここで、司会の枡が審査委員長の稲盛に過去のモテエピソードについて尋ねる場面があったのだが、稲盛は驚きのエピソードを披露した。

稲盛は「中学生のころは、学校中の男子から告白するので恥ずかしく、昼休みは逃げ回っていた。掃除箱の中に隠れたこともあります。」という逸話を紹介。

これにハリセンボン・近藤春菜は、「昼休みはお弁当を食べる時間ですよ!逃げ回るなんて。」と驚きを隠せない様子だった。

●りゅうちぇるの号泣映像にスタジオから困惑の声

続いて「号泣MAX部門」というテーマで番組は進行した。

俳優でタレントの照英が、町の小さなコロッケ屋さんでコロッケを食べ「なつかしくて・・・。」と号泣するも、店のおばちゃんとの温度差がすごいVTRなどが紹介された。

そんな中で、「号泣MAX部門」の最優秀賞に選ばれたのが、りゅうちぇるだった。

過去の番組の企画だというVTRが紹介されたのだが、そこではりゅうちぇるがデザインのデスクワーク中の恋人のぺこに、話しかけても無視され続けるというものだった。

さらにスタジオを驚ろかせたのは、ぺこに無視され続けるあまり、りゅうちぇるが泣き出してしまったことだった。

りゅうちぇるが泣き出すと、スタジオは「えぇ~っ!?」と困惑の声が上がり、VTRを見ていたお笑い芸人の陣内智則も苦笑いしていた。

泣き出すりゅうちぇるに対してぺこは、「寝るまえだからひげがすごい(笑)」と、泣いているりゅうちぇるを意に介さず、かえって楽しんでいる様子であった。

ただ、このVTRがスタジオで好評となり「号泣MAX部門」受賞となった。

後日、りゅうちぇるに番組が最優秀賞のトロフィーを渡すと、トロフィーの尖った部分を自分の鼻の穴に押し合てて「鼻くそついちゃった。」とおどける、元気なりゅうちぇるの姿があった。

号泣MAX大賞とはいっても、やっぱり明るいりゅうちぇるなのだった。

(担当・ラビィ・ソー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
成宮引退余波 読売テレビ、再放送差し替えでテロップ対応
石原さとみ『地味にスゴイ』最終回でまさかの“男根ネタ”!『逃げ恥』に逆転された要因は?
唐沢寿明×窪田正孝『ラストコップ』最終話は一部生放送
エレカシ・宮本浩次、ドラマ初主演! 「なにしろ全力でやります」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加