最新ランキングをチェックしよう
「100年前にオリンピックが行われた競技場に立ったとき、『このために一生懸命頑張ってきたんだ』という思いが湧きました」生田斗真(三島弥彦)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

「100年前にオリンピックが行われた競技場に立ったとき、『このために一生懸命頑張ってきたんだ』という思いが湧きました」生田斗真(三島弥彦)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2019/03/17

いよいよストックホルムオリンピックが開幕し、日本初のオリンピック選手の1人、三島弥彦は、マラソンの金栗四三(中村勘九郎)に先駆けて短距離競技に出場した。ところが結果は惨敗。最後は棄権という選択をすることとなった。とはいえ、持てる力を出し切ったそのすがすがしい姿に、心打たれた視聴者も多かったはず。第11回で入魂の演技を披露した三島役の生田斗真が、ストックホルムロケの思い出や作品の舞台裏を語ってくれた

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
指原莉乃、バーテンダーのサイテー男が語った“雨の日の”女性に対する気遣いを絶賛!「これは優しい!」
「デカすぎる!」桑子真帆、「ニュースウオッチ」衣装で起きた歓喜のバスト祭り
桝アナが新潟入り 中継タクシーの料金メーター「173930円」にネット驚き
大桃美代子、日テレ地震報道「どうしたんだろう?」
橋本マナミ、設定キャラに苦悩の日々 「愛人契約100万」のオファーに「ムカつく...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加