IBM、AIのワークロード用に設計されたPOWER9搭載サーバ

IBM、AIのワークロード用に設計されたPOWER9搭載サーバ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

米IBMは12月5日(現地時間)、POWER9プロセッサを搭載した次世代のPower Systemsサーバ「IBM Power System AC922」を発表した。AIワークロード向けに設計された新しいPOWER9システムは、ディープ・ラーニング・フレームワークの機械学習時間をx86サーバと比較して4倍近く高速化することができるという。

新しいPOWER9ベースのPower System AC922には、PCI-Express 4.0、次世代のNVIDIA NVLink、OpenCAPIが初めて搭載され、PCI-E 3.0ベースのx86システムに比べて9.5倍データ転送を高速化できるという計算結果が得られたという。

AC922は、Chainer、TensorFlow、Caffeなどの一般的なAIフレームワークとKineticaなどの高速データベースにおけるパフォーマンスの向上を実証すべく設計された。

同社では、需要を満たすべく、4年前、Linux上のデータ処理量の多いAIとディープ・ラーニングのワークロード向けに、制約のないデータ転送、ストリーミング・センサー、アルゴリズムを管理する新しいアーキテクチャーの構築を目指し、ゼロからPOWER9チップの設計に着手したという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモ「ジョジョスマホ」、1万台限定で発売 12万円
【年末企画】2017年ベスト買い物 - 42.5インチ4Kディスプレイ「43UD79-B」
iMac Pro発売!価格は約56万円から、最上位モデルは約150万円!
セクシーなVRアシスタントのせいで苦情が殺到してメーカーがキャラクターを削除&謝罪
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加