島根県松江市で回収の野鳥 A型インフル遺伝子検査で陽性と確認

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/11/14

14日、宮崎県家畜防疫対策課に入った情報によると、島根県松江市で12日に回収された死亡野鳥(キンクロハジロ)がA型インフルエンザウイルスの遺伝子検査で陽性と確認された。高病原性鳥インフルエンザの確定検査は、現在実施中。

これで島根県では、簡易検査の陽性事例は7例、遺伝子検査の陽性事例が1例の計8例となった。1、2例目は、H5N6亜型と確定している。

=2017/11/14 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京・東久留米の住宅街で火事、男女2人がやけど
誤作動で相次ぐ交通事故「危ない信号機」が町中に放置されている
新千歳空港の管制トラブルが復旧 20便以上に影響
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
みかじめ料恐喝“指示” 暴力団会長を新たに逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加