【北ミサイル】安倍首相、安保理報道声明について説明 18日から国連総会へ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/09/16

安倍晋三首相は16日、北朝鮮による日本上空を通過する弾道ミサイルの発射を「強く非難する」とした国連安全保障理事会の報道声明について、首相公邸で外務省の秋葉剛男外務審議官らから説明を受けた。西村康稔官房副長官、谷内正太郎国家安全保障局長も同席した。

首相は国連総会に出席するため18〜22日に米ニューヨークを訪問する。総会での一般討論演説や米国のトランプ大統領、韓国の文在寅大統領との日米韓首脳会談、各国首脳との個別会談を通じ、国際社会による北朝鮮への圧力強化の必要性を訴える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日露首脳会談、プーチン大統領を「無表情」にさせた安倍総理の一言
トランプの「ウラとオモテ」政治が、なぜじわじわ効いているのか?
ロシア軍が誤ってロケット弾を民間人に向け発射したとされる衝撃的なムービーがYouTubeで公開される
英シンクタンク専門家が警鐘「北朝鮮核ミサイル東京直撃なら死者85万人」
メキシコでM7.1の地震 首都で大きな揺れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加