ジャマイカ沖でM7.7の地震 カリブ諸国で余震続く「日本への津波は?」(動画)

ジャマイカ沖でM7.7の地震 カリブ諸国で余震続く「日本への津波は?」(動画)

  • ハザードラボ
  • 更新日:2020/01/29
No image

中米ジャマイカ沖でM7.7(USGS)

日本時間けさ未明、中米カリブ海のジャマイカ沖でマグニチュード(M)7.7の地震が発生した。ケイマン諸島では現在も、M6クラスの余震が断続的に続いている。

米地質調査所(USGS)によると、29日午前4時10分ごろ、ジャマイカとキューバにはさまれた海域でM7.7を観測。この震源の深さは約10キロだと推定している。

日本への津波の影響はなかったが、米海洋大気庁(NOAA)の津波警報サービスは地震発生直後に、震源に近いカリブ海諸国の沿岸に津波の可能性があると声明を発表。

さらに英領ケイマン諸島のグランドケイマン島では、ジョージタウンでは11センチの津波を観測したとしているほか、島内では広い範囲で地面が陥没したり、建物の損壊など、さまざまな被害が報告されている。

ジャマイカ沖ではけさ7時前にもM6クラスの余震が観測されており、断続的な地震があいついでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
731部隊の闇...日本社会がどうしても隠したい「残酷すぎる過去」
籠池泰典が初めて明かした「100万円事件」の真相と「昭恵さん」のこと
東京都で新たに男性3人感染、2人は同じ病院に入院
マスクをしていない姿が......大坪寛子審議官が「ダイヤモンド・プリンセス号」で問題行動
マスクの色限定「絶対に行わないで」 熊本市が市立の教育機関に通知
  • このエントリーをはてなブックマークに追加