サッカー日本代表、清武が脳しんとうの疑いで病院直行 接触プレーで頭部ぶつける

サッカー日本代表、清武が脳しんとうの疑いで病院直行 接触プレーで頭部ぶつける

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/13
No image

練習場に入る清武弘嗣=都内の練習場(撮影・棚橋慶太)

東アジアE-1選手権に臨むサッカー日本代表は6日、都内で冒頭15分間をのぞく非公開練習を行い、大会初戦の北朝鮮戦(9日・味スタ)に向けた調整を行った。

MF清武が、脳しんとうの疑いで練習を途中で切り上げて病院へと向かった。代表チーム広報によると、清武はゲーム形式の練習中に、接触プレーで頭部をぶつけたという。関係者によると、地力で歩ける状態だったというが、大事をとって検査を行うことになった。

仮に、脳しんとうと診断された場合、軽度だったとしても当面は安静が必要となるために、大会スケジュールの関係上、チームを離脱して選手変更という決断をする可能性はある。3月のW杯最終予選以来の代表復帰となった司令塔だけに、誰もが軽傷を祈っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セルジオ越後氏、ハリル監督発言に疑問「解任おかしくない」
高倉なでしこ完敗 3大会ぶり優勝ならず...阪口「相手の方が上だった」
なでしこV逸...北の2発に沈む 世界制したパワー影潜め危機的“凋落”
【戦術解析】またも露呈したハリルジャパンの弱み...守備がハマらなかった時の解決策は?
G大阪、浦和矢島慎也の獲得決定的 高い得点力魅力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加