最新ランキングをチェックしよう
ミミズの筋肉使ったポンプ開発 エネルギー源はATP 電力不要の超小型ポンプ実現へ

ミミズの筋肉使ったポンプ開発 エネルギー源はATP 電力不要の超小型ポンプ実現へ

  • ITmedia
  • 更新日:2016/10/18

理化学研究所と東京電機大学の共同研究チームは10月17日、ミミズの筋肉組織を利用した小型ポンプを開発したと発表した。動作のためのエネルギー源には、生体の共通エネルギー源であるアデノシン三リン酸(ATP)を利用しており、将来、ミミズと同様の構造を人工的に作ることができれば、電力不要で駆動する超小型ポンプを開発できる可能性があるという。
ポンプは、体内埋め込み装置の開発など最先端研究分野で小型化が求め

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界初のUltra HD Blu-rayポータブルドライブがパイオニアから発売
360度全天周カメラ搭載の1万円台ドライブレコーダーが発売開始
デュアルSIM対応!VAIOがSIMフリースマートフォン『VAIO Phone A』を発売
2017年、最も人気のプログラミング言語・フレームワーク・データベースは?
バイク専用のナビ、「TurnPoint」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加