12日、福岡マラソン1万2000人駆ける レセプション、道下らコースの魅力語る

12日、福岡マラソン1万2000人駆ける レセプション、道下らコースの魅力語る

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

福岡市・天神をスタートする市民参加型フルマラソン大会「福岡マラソン2017」が12日に開かれ、約1万2000人のランナーが自然豊かな福岡県糸島市に続くコースを駆け抜ける。ファンラン(5.2キロ)、車いす競技(同)の計約2000人もゴールを目指す。

11日夜、福岡市内のホテルで関係者レセプションがあり、大会会長の高島宗一郎市長は「末永く愛される大会を目指す」とあいさつ。九州を中心に活動するコーラスグループ「FREAK(フリーク)」が大会イメージソングを披露した。

ゲストランナーや招待選手も出席。リオデジャネイロ・パラリンピック女子マラソン(視覚障害)銀メダリストの道下美里(40)=同県太宰府市=は「海岸沿いでは波の音が聞こえ、心が穏やかになる」とコースの魅力を語った=写真。

12日は午前8時15分に車いす競技、同20分にフルマラソンとファンランがスタート。フィニッシュは車いす競技とファンランが福岡市博物館前(早良区)、フルマラソンは糸島市交流プラザ志摩館前となる。

=2017/11/12付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「泥酔した女性を家に泊めた彼氏」に激怒の彼女 「駅に放置しろ」と賛否両論の声
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
40センチバッサリ!花田美恵子、“人生をリセットする”ショートヘア
ブルゾンちえみ、小学生時代の写真公開
「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加