山崎賢人主演「キングダム」公開3日間の興行成績発表 興収40億を視野に

山崎賢人主演「キングダム」公開3日間の興行成績発表 興収40億を視野に

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/04/22

【キングダム/モデルプレス=4月22日】山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)主演で原泰久氏の人気漫画を実写化した映画『キングダム』の初日3日間の興行成績が配給の東宝から発表された。

No image

(写真 : 映画『キングダム』初日舞台挨拶より (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】山崎賢人が10kg減量 吉沢亮・橋本環奈と「キングダム」過酷な撮影振り返る

19日から全国388スクリーンで公開され、20日・21日の3日間で50万6861人を動員、興行収入は6億9021万9500円。東宝は来週から始まるGWが10連休ということもあり、興収40億円を狙える大ヒットスタートとみている。

原作は2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」で連載され、単行本54巻が累計発行部数4000万部を記録。紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王・エイ政(吉沢亮)を壮大なスケールで描く。ほか共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、大沢たかおら。

WEBアンケートによると、客層は男女比50:50。年齢別では20代が27.5%、40代が19.7%、30代が18.5%、50代が13.3%、16~19歳が12.3%で、シニアや15歳以下含め老若男女問わず支持を得ている。映画の鑑賞動機は「原作漫画が好きだから」が53.3%、「アクションシーンや映像の迫力に期待して」が34.0%、「ストーリーが面白そうだったから」が30.2%、「キャストが好きだから」が27.4%。

映画の認知経路でも「原作コミック単行本」が37.0%とトップで、原作漫画ファンがヒットを支えているが、「原作漫画を読んだことがありますか?」との問いには34.7%が「読んだことがない」と答えており、原作を読んだことがない層からも注目されていることがわかる。

作品の満足度は、95.1%と高く、92.1%が「人にすすめる」と回答。今後も口コミでの集客が期待される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「空母いぶき」騒動:左右の脊髄反射に違和感
5月18日の注目映画第1位は『キングダム』
田中圭・斎藤工を見いだしたBL映画プロデューサーに聞く、次にブレークする俳優
救世主、殺し屋、暴走科学者!キアヌ・リーヴスの役柄が壮絶すぎ
ガンダム史上1番扱いがひどかったキャラとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加