彼氏の裏アカを見つけてしまったら

彼氏の裏アカを見つけてしまったら

  • ハウコレ
  • 更新日:2017/12/06
No image

たまにネットなんかで、ツイッターで恋人の裏アカを見つけてしまって、それに書き込まれた歯に衣着せなさすぎるつぶやきに絶望・驚愕したなんて書き込みがみられます。

裏アカに限らず、SNSで恋人や好きな人のアカを見かけては、一喜一憂してしまった経験のある人は少なくないはず。

今回は、そんな「恋人のSNS(裏)アカとの付き合い方」について考えてみたいと思います。

裏アカを見るのは、スマホを覗くようなもの

突然ですけど、裏アカを見るのって、スマホを覗くのと同じだと思いませんか?

「SNS上の言動だし、違うじゃん!」って?

でも、スマホだって同じですよ。スマホを覗くのって、結局目当てはLINEなんでしょうけど、LINEだってツイッターと同じSNS。友人知人とやりとりする点でも、同じ。違うのは、やりとりが一対一かそうじゃないかくらいです。

裏アカだって、(恋人には存在を教えてない)表アカだって、「彼女に見られることを想定してないコミュニケーション」という点では、された側からすれば、スマホの中身を覗かれることとたいして変わらないのです。

本当は「見つけた」じゃなくて「探した」でしょ?

やましいことがないけど、恋人にスマホを見られるのは嫌なもの。そしてその理由はだいたいふたつあります。

ひとつは、「彼女と喧嘩ばっかりで、正直つらいわ」みたいな、(当時はそれなりに深刻だったかもしれないけど)今となっては大したこともないようなことを掘り下げられて、「ねえこれ何! 私と別れたいの?」みたいに吊し上げられること。

私たちだって友達に彼氏の愚痴はこぼすけど、それは深刻な相談なわけないですよね。

この過剰反応がひとつめ。

**

もうひとつは、こちらはシンプルなくせにとくに大切ですが、相手に「自分は信用されてないんだな」と思ってしまうことです。

はっきり言って、知り合いの(しかも恋人の)裏アカをたまたま見つけるなんて、ありえません。恋人に教えてない表アカも同じ。

見つけるつもりで探さないと見つからないんです。

だとすればこれは、ますますスマホを覗くのと同じですし、仮に本当にたまたま見つけてしまっても、たまたまスマホの黒画面に女子らしき人からのLINEが来ても、さりげなく目をそらして見ないようにするのがマナーなことと同じで、見て見ぬ振りをするのがベターでしょう。

「見る必要のない」ものは見ないこと

これまでは、見られた相手にとってのデメリットについて考えました。もちろん、相手にとってこれらのデメリットを与えてしまうこと自体が自分にとってもデメリットですが、それだけでなく、自分に直接降りかかるデメリットがあります。

それが、上の理由のひとつめを裏返したものです。

裏アカや表アカでの何気ないつぶやきに過剰反応してしまうことは、やましくもないLINEを見て怒るのと同じだと書きました。

こういうのを見て反応するのって、不毛だと思いませんか? そんなのに反応してたら、メンタル持たないと思いません?見る必要のないものを見ないようにすることは、恋愛で欠かせない処世術です。

**

誰も、LINEやツイッターで、「恋人以外の異性のことを褒めたことなんて一度もない」とか「恋人を少しでも悪く言ったことなんて一度もない」なんて、絶対の自信を持っては言えないはず。

そんなもんですし、むしろ、そういうガス抜きがあるからこそ相手との関係をうまく進められるということは、恋愛で忘れてはならない重要な点ですね。今日の恋人とのイライラを、他人に向けてガス抜きするからこそ、明日また笑顔で会えるんです。

彼氏や好きな男子の裏アカや表アカは、もしかしたら、あなたとの関係を円滑に進めるための助けになってくれているものなのかもしれません。それなのに、それを見つけて指摘して絶滅に追い込んだら、あなたも、彼も、損をしてしまうことになるはずです。

あ、もちろん、彼が裏アカを使って、明らかに浮気をしてるとしか思えない内容のつぶやきを連発してるときは、もちろん別ですよ(笑)。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
下心丸見え!「体目当て」の男がやりがちなボディタッチ
ホントはやめてほしい! 男性に聞いた「正直“イラッ”としている彼女の行動」5つ
男性に嫌われる女性のNGな行動5選 こんな女になっちゃってない?
2人の誕生日でわかる【クリスマス&イブの恋愛相性】気になるあの人とどうなる?
男子が一緒にいて楽しい女子の特徴 モテに顔は関係ない!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加