「日本人には売りません」中国の串揚げ屋、看板は目立つが商売はいまいち―中国メディア

「日本人には売りません」中国の串揚げ屋、看板は目立つが商売はいまいち―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/10/11
No image

「日本人には売りません」中国の串揚げ屋、看板は目立つが商売はいまいち―中国メディア

11日、重慶時報は、近ごろ河北省のある町で「奪命小串」なる激安串揚げ屋台が続々と出現し、「日本人お断り」などの過激な宣伝文句を掲げていると伝えた。資料写真。

2017年10月11日、重慶時報は、近ごろ河北省のある町で「奪命小串」なる激安串揚げ屋台が続々と出現し、「日本人お断り」などの過激な宣伝文句を掲げていると伝えた。

河北省北東部のある町にある100メートルほどの通りに、「奪命小串」という名の串揚げ屋台が複数出現し、「安くてうまい」などとの宣伝文句を大音量で流しながら競争を繰り広げている。

供されるのは串に刺さった豚肉や鶏肉を揚げたもので、店頭に表示されている値段は羊肉が15本、鶏肉と豚肉が20本でいずれも5元(約85円)。超激安である。そして、店の看板には「うますぎて死んじゃうよ」といった宣伝文句や「日本人には売りません」と愛国心を煽るような言葉が書かれているのだ。

肉はあらかじめ串刺しで用意される。注文を受けてから油で揚げ、1分足らずでできあがる。店の外にはトウガラシやクミンなどが混ざった調味料が置かれており、客が好みに合わせて味付けできるようになっている。

しかし、威勢のいい宣伝文句や破格の値段とは裏腹に、売れ行きはいまひとつ。子どもや若者がちょっと買っていくぐらいだ。観光客は、5元で20本も買える串揚げなど食べたら本当に「死んじゃう」のではと恐れて手を出さないようだ。また、「肉を売ってるのか串を売ってるのか分からん」と多くの人が首をかしげるように、1本1本に肉が申し訳程度にしか刺さっていないことも不人気の要因かもしれない。(翻訳・編集/川尻)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英国式ティータイムもアンティークも欲張りに / 伊勢丹新宿店でハイセンスな「英国展」が開催
【100均検証】ダイソーの「インスタントコンロ(300円)」でサンマを焼いたら大変なことになった
桃屋「穂先メンマ やわらぎ」30年目にして初の姉妹商品「香ばし葱油味 穂先メンマ」を食べてみた
【MORE11月号】の付録が可愛い!合わせてコーディネート考えてみた 大豆専門店【FAVEGGIE】
入場料無料!ビール200種類以上を300円から楽しめる 「大江戸ビール祭り2017秋」が10月25日から開催

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加