プロ注目の亜大・頓宮が満塁弾含む2打席連続アーチ

プロ注目の亜大・頓宮が満塁弾含む2打席連続アーチ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

亜大対中大 3回表亜大2死満塁、左越え満塁本塁打を放つ頓宮(撮影・横山健太)

<東都大学野球:亜大12-3>◇第2節第1日◇17日◇神宮

プロ注目の亜大・頓宮裕真内野手(4年=岡山理大付)が、2打席連続のアーチでチームを勝利に導いた。3回、1点を先制し、なおも満塁から149キロ直球を左翼席に運ぶ満塁弾。4回2死二、三塁ではスライダーを左翼席に運んだ。

本職は捕手だが、打撃優先でこの日は一塁手で出場。「打てたのは良かったですけど、捕手として、信頼を得られるように頑張りたいです」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西本氏、衣笠さん死球骨折でも感動した気遣いの言葉
衣笠氏、監督もコーチもしない「理由」 ぎりぎりの本音に感謝
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
鉄人・衣笠祥雄氏が死去 71歳 連続試合記録、国民栄誉賞も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加