日本ハム飯山が現役引退 東京本拠地時代を知る最古参

日本ハム飯山が現役引退 東京本拠地時代を知る最古参

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

日本ハム一筋20年の飯山裕志内野手が現役引退を表明

日本ハムの飯山裕志内野手(38)が15日、札幌市内の球団事務所で今季限りでの現役引退を表明した。

飯山は鹿児島のれいめい高から1997年・ドラフト4位で入団。晩年はシーズン後には引退がよぎっていたという。「正直、年を重ねると、毎年、毎年、引退を考えてました」。今後については「今、ちょっと一つの夢がかなって、消えてしまったので、もう少し時間をかけて考えたい」と話した。

日本シリーズには2006年、2007年、2009年、2012年と4度出場。2012年の日本シリーズ第4戦ではサヨナラ安打で1対0の勝利に貢献。通算910試合に出場し、打率は・202、45打点、1本塁打、15盗塁。内野はどこでもこなせる堅実な守備でチームを支えてきた。「本当に非力で不器用な選手だった僕を応援してくださって、ありがとうございました」とファンに感謝。北海道移転前の東京本拠地の日本ハムを知る男がユニホームを脱ぐことになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【 TGS2017】東京ゲームショーレポート2
Scoopie News(スクーピーニュース)
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
西武、ロッテに今季初3連敗 辻監督は「あと1歩」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加