オリックス海田900万減「見つめ直すいい機会」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07

オリックス海田智行投手(30)が7日、大阪市内で契約更改交渉に臨み、900万円減の年俸2750万円でサインした。今季はプロ6年目で自己最少の12試合登板にとどまり、0勝1敗の防御率5・91。

「何もしていないくらいの結果なので」と減額制限に迫るダウン額を受け入れた。

8月末には横浜市内の病院で左肘の関節遊離体除去およびクリーニング手術を受けた。手術に踏み切るか悩んでいた中で、田口2軍監督が掛けてくれた言葉が背中を押してくれたという。「チームのことより自分のことをまず考えろと。それが結果的にチームのためになる、と。それで吹っ切れた」と深く感謝した。

過去にはセットアッパーなどで活躍。チーム内で貴重な左腕でもある。まだまだ活躍の場は多い。「今回の手術で自分を見つめ直すいい機会になった。気持ち、技術面でもゼロからやっていける。来年は1年間、けがなく1軍の勝利に貢献したい」。活躍して、田口2軍監督に直接お礼を伝えるつもりでいる。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ松永、300万増でサイン 来季は「60試合投げたい」
ゲレーロ 2球団で来日2年連続キングなら史上初 今季35発
名打者・篠塚和典氏が語る打撃の極意 イチローも使うバットの秘密、驚異の技術
藤浪よ大山よ、東京五輪出ろ!阪神・金本監督、常夏の島ハワイから大号令
主力での活躍はわずか2年...歴代FA選手の“移籍後”を検証した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加