実写版「破裏拳ポリマー」映像初公開 溝端淳平がポリマースーツ姿で戦う

実写版「破裏拳ポリマー」映像初公開 溝端淳平がポリマースーツ姿で戦う

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2016/12/01
No image

この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ! - (C) 2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

溝端淳平主演でタツノコプロの同名SFアクションヒーローアニメを実写化した映画『破裏拳ポリマー』の映像が初公開され、ポリマースーツを身にまとい戦う溝端の姿が明らかになった。

【写真】各キャストのビジュアルも公開(全9枚)

「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」などを生み出したタツノコプロによる「破裏拳ポリマー」は、1974年10月~1975年3月に放送されたアニメ。三流探偵事務所のさえない新人助手・鎧武士(よろいたけし)は、ひとたび事件が起きると超人ポリマーに転身。自ら編み出した新拳法“破裏拳流”(はりけんりゅう)を駆使して、街の平和のために正義の拳を振るう。

今回公開された特報はわずか30秒ほどのものだが、「この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ」というセリフと共に、本作の一番の見どころであるアクションシーンがちらっとお披露目。撮影の4か月前からトレーニングを重ね、監督からも「説得力がある」と言わしめた溝端のアクションに期待が高まる。

映画『破裏拳ポリマー』は2017年5月、新宿バルト9ほか全国公開。メガホンを取るのは『仮面ライダーW(ダブル)』『仮面ライダーフォーゼ』などを手掛けた坂本浩一監督。謎の美女・稗田玲(ひえたれい)に原幹恵、鎧武士と共に事件解決を目指す警視庁の刑事・来間譲一(くるまじょういち)に山田裕貴、武士の助手・南波テルに柳ゆり菜がふんする。(編集部・中山雄一朗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カンボジアの子どもたちに映画が届くコーヒー、クリスマス限定販売
「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加