最新ランキングをチェックしよう
『シグナル』主演・坂口健太郎の演技力が急成長するも、説明不足の雑な脚本のせいで台無しに......

『シグナル』主演・坂口健太郎の演技力が急成長するも、説明不足の雑な脚本のせいで台無しに......

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2018/05/16

“塩顔界のプリンス”こと坂口健太郎が、主役として覚醒し始めたドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)の第6話が15日に放送され、平均視聴率5.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.0ポイントダウンとなってしまいました。
 その前回、三枝健人(坂口)刑事は、過去とつながる無線機を使い、1998年の世界に生きる大山剛志(北村一輝)刑事に対し、本来ならば未解決の連続窃盗

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ
すい臓がんを早期発見するための「サイン」を紹介『ガッテン!』
千鳥・ノブがHカップの“おっぱいファンタジスタ”と即興漫才『チャンスの時間』10・16放送
有村架純『中学聖日記』の大コケで確認できた土屋太鳳の“実力”
連ドラ主演から脇役に「転落」した有名女優3人...最有力候補は吉岡里帆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加