日本のテレビ番組で紹介された「頭の良さ」ランキング、韓国2位、日本3位、中国は...=「ウソだろ!」「日中韓が協力すれば...」

日本のテレビ番組で紹介された「頭の良さ」ランキング、韓国2位、日本3位、中国は…=「ウソだろ!」「日中韓が協力すれば…」

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/11/30
No image

28日、中国メディア・cnbetaは、日本のテレビ番組で紹介された頭の良さに関するランキングを紹介した。ネットユーザーからはさまざまな反応が寄せられている。資料写真。

2016年11月28日、中国メディア・cnbetaは、日本のテレビ番組で紹介された頭の良さに関するランキングを紹介した。ネットユーザーからはさまざまな反応が寄せられている。

記事は、日本で先日放送された番組内で、2016年の「頭の良さ」のランキングが紹介されたことを取り上げた。ランキングは米統計会社スタティック・ブレインが各国の知能指数(IQ)についてまとめて今年5月に発表したもので、1位は香港(107)、2位は韓国(106)
、3位は日本(105)、4位は台湾(104)、5位はシンガポール(103)となり、中国は13位(100)だった。

一方で、記事は海外のサイト「IQ Research」のデータを引用。こちらでは、1位は香港とシンガポール(108)、2位は韓国(106)で、3位は日本と中国(105)となっている。ちなみに4位は台湾(104)だ。これについて一部の「自メディア」と呼ばれる小メディアでは、「日本の番組が故意に中国のランキングを低くした」と邪推する記事を流している。

アジアの国・地域が上位を占めるランキングとあって、教育熱が高い中国のネットでも注目を集めている。特に、「台湾がトップ10に入っているなんて」「韓国が2位?うそだろ!」など、台湾や香港、韓国が上位に入っていることに不満を示すコメントは少なくない。また、あるユーザーは「これは日本人の研究ではなく、欧米人の研究」と上記の“邪推”に反論した上で、「進化のレベルという意味では黄色人種が最高。体質や体毛、大脳の発育という面でもすでに動物から脱している。日中韓が協力すれば、世界の中心はアジアになる。だが、黄色人種は内紛が好き」としている。(翻訳・編集/北田)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
温泉の女湯「生中継」被害が相次ぐ、スマホ持ち込み禁じるケースも―中国
中国人コラムニスト「中国人よ、日本に行ったら映画館へ行くべし」―英紙
「韓国のトイレは世界一!」=TV番組で韓国人出演者が“スゴい機能”を誇らしげに紹介、中国ネット「それって日本のじゃない?」
日本のドライバーはどうしてこんなに車間を空けるのか・・・中国でやったら危ないのに!
「君の名は。」が中国で大ヒット!最大の“負け組”は韓国?=中国ネット「レベルが違う」「韓国には関係ないこと」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加