最新ランキングをチェックしよう
追突事故で問い直される秋篠宮家の警備体制「先導車がいれば.....」

追突事故で問い直される秋篠宮家の警備体制「先導車がいれば.....」

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2016/11/30

事故が起きたのは東京から90分ほどの、相模湖インターチェンジの手前(写真下方が下り)
 秋篠宮妃紀子さまと長男の悠仁さまたちがハイキングを楽しまれた様子を、教えてくれたのは山梨県甲州市の大菩薩峠(1897m)の麓にある山荘の従業員。
「午後2時半ごろに紀子さまと悠仁さまが休憩されていました。紀子さまは帽子を深くかぶってらっしゃいました。
 登山ルックでしたが、耳にイヤホンをつけた警備関係者が10人

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
富岡八幡宮殺害事件  チャンバラ好きの弟が日本刀で姉の宮司を斬りつけた本当の動機
紀子さま焦燥! 悠仁さま帝王教育「また先送り」
左折車線から悪質な割り込みをする身勝手な車。しかし警察は見ていた!
3歳男の子が行方不明 父親が目離した10分で...
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加