W-1黒潮&田中組が逆転V 芦野から初勝利奪う

W-1黒潮&田中組が逆転V 芦野から初勝利奪う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/13
No image

タッグ戦で芦野に勝利し、22日新木場大会でのW-1タッグ王座挑戦が決まった黒潮“イケメン”二郎(右)と田中将斗

<W-1:後楽園大会>◇13日◇後楽園ホール

第5試合のタッグ戦で、黒潮“イケメン”二郎、田中将斗組が、芦野祥太郎、新井健一郎組を下した。

イケメンと田中は、ともにジャケットを着て登場。激闘の末、イケメンが芦野のアンクルロックで絶体絶命の状況から逆転のエビ固めで勝利した。

芦野から初勝利を挙げたイケメンは「デビューしてからずっと負け続けてきた芦野から、今日3カウント取った。22日の新木場大会でオレと田中のタッグタイトル挑戦を受けてくれないでしょうか?」と芦野に要求。芦野から「取られたのは事実。やろうよ」と回答され、22日新木場大会でのW-1タッグ王座挑戦が決まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
クリス・ベンワー ナイスガイの“反則死”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第97話>
中邑真輔、WWEヘビー級王座挑戦者決定戦外れる
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
体重超過ネリ、WBC無期限資格停止から6カ月資格停止処分に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加