G大阪 長沢の”汚名返上弾”でドロー「何とか取り返そうと必死だった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

◇明治安田生命J1第26節第1日 G大阪2―2大宮(2017年9月16日 熊谷陸)

G大阪は長沢の”汚名返上弾”で追いつき、大宮との1戦を2―2のドローに持ち込んだ。

1点を追う後半ロスタイム。井手口の左クロスを三浦が頭で落とし、空いたスペースに走り込んだのは長沢だ。「思い切って叩きつけようと思った」と右足ボレー。シュートはネットを豪快に揺らし、土壇場で勝ち点1をものにした。

「頭が真っ白になった」。長沢がそう振り返ったのは同点ゴールのシーンではない。1―1で迎えた後半28分を振り返った時だ。大前がキッカーを務めた相手の左CK。ニアにポジションを取っていた長沢は、クリアしようと1メートル92の長身を懸命に伸ばした。だが、頭に当たったボールは吸い込まれるように自陣ゴールへ。「プロになって初めて」というオウンゴールに強い自責の念を覚えた。土俵際での同点ゴールは「何とか取り返そうと必死だった」という罪滅ぼしの一発だった。

次戦は中3日で天皇杯4回戦・柏戦。「もう負けられない試合ばかりが続く。勝てるように準備したい」。次は殊勲のゴールを奪う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大分MF前田凌佑、左足負傷で全治約6週間...今季J2で15試合出場
【鹿島の深層|石井正忠×岩政大樹#2】舌を巻いたオリヴェイラの見極め。「優勝争いのポイント」を知っていた
浦和、天皇杯制覇へ堀監督が鹿島戦にコメント「自分たちの色を出す」
長崎の高田社長、チーム好調要因「メンタルが大事」
【J1ベストイレブン】MVPはハットトリック達成の元ブラジル代表助っ人! ポドルスキがデビュー戦以来の選出|26節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加