米大物プロデューサーのセクハラ疑惑に、ストーン監督「自警団的に裁くべきではない」

米大物プロデューサーのセクハラ疑惑に、ストーン監督「自警団的に裁くべきではない」

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/13
No image

韓国・釜山国際映画祭の開会式に出席した米監督オリバー・ストーン氏(2017年10月12日撮影)。

【AFP=時事】米ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)が長年にわたって複数の女優らにセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)を行っていたとされる問題で、アカデミー賞監督のオリバー・ストーン氏が13日、皆が「自警団的に」批判し、結論に飛びついているきらいがあると忠告した。

ワインスタイン氏による10人以上の女優らへの一連のセクハラや性的暴行、レイプ疑惑は先週、米紙ニューヨーク・タイムズや米誌ニューヨーカーの報道をきっかけに浮上。米英の警察当局が捜査を開始した。このスキャンダルは非難や怒りを巻き起こすと同時に、ハリウッドにおける女性、特に野心のある若手女優の処遇をめぐる反省も促している。

こうした中、韓国・釜山の国際映画祭に審査委員長として出席中のストーン監督は報道陣に対し、映画界や世論がワインスタイン氏を拙速に裁こうとしていると警告し「私はこの件が裁判の場で裁かれるまで待つべきだという考えだ」「彼(ワインスタイン氏)が法を破ったのならば、それは明るみになるだろう。人は自警団的なシステムで裁かれるべきではないと思う」と語った。

さらにストーン氏は「この業界では誰についてもひどい話を聞くことがある。だから私はゴシップについてコメントするつもりはない」と述べ、そうした疑惑がうわさに過ぎない可能性があることも指摘した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道
米国が絶対に中国に渡したくない「4つの軍事利用可能技術」=中国メディア
もし「日中同盟」を結んだら日本の未来はどうなってしまうのか?
水道水を直接飲めるアジアの国は日本だけ! わが国が実現できないのは何故なのか=中国
中国結婚式の“下劣化”が止まらない!? ブライドメイド女性への「スパンキング」を楽しむ男性参列者たち

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加