【J1採点&寸評】広島 1-0 C大阪|広島の背番号10がついに真価を発揮。柿谷、杉本ら封じた守備陣は及第点以上

【J1採点&寸評】広島 1-0 C大阪|広島の背番号10がついに真価を発揮。柿谷、杉本ら封じた守備陣は及第点以上

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

【警告】広島=なし C大阪=松田(66分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】フェリペ・シウバ(広島)

No image

【警告】広島=なし C大阪=松田(66分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】フェリペ・シウバ(広島)

[J1リーグ26節]広島 1-0 C大阪/9月16日/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 6.5
前半はシュート0本にも終わるも我慢強くゲームを進め、スペースが生まれてきたところでブラジル人助っ人が仕事をしてくれた。会心の勝利を収めて降格圏からの脱出に成功。

【広島|採点・寸評】
GK
34 中林洋次 6
39分のピンチは高橋が救ってくれた。CKは危ない応対もあったが、90+1分には杉本のシュートをストップしてクリーンシートを達成。

DF
40 丹羽大輝 6
クロスはいい質のボールが上がっていた。守備では苦しい場面もあったが、声を出し続けて集中力を高く保ち続けた。

5 千葉和彦 6.5
クロスにいいポジションを取って相手の攻撃を中央で抑え込んだ。水本との関係も良く、試合終盤もしっかりとこぼれ球に反応した。

4 水本裕貴 6.5
ボックス内では隙を見せることなくタイトに守った。4か月前に5失点を喫した悔しさを晴らしてみせた。

3 高橋壮也 6.5
39分の絶体絶命のピンチを右足で救った。攻撃へ関わるタイミングも良く、攻守にパフォーマンスが向上している。

MF
6 青山敏弘 6.5 (89分OUT)
ゲームをコントロールして我慢強くゲームを進め、奪ってすぐ前へ送って得点シーンを演出。足を攣って交代するまで惜しみなくパワーを使った。

2 野上結貴 6.5
ロングパスをサイドに送り、相手の背後へスルーパスを送る場面も。展開力にも優れ、守備での奮闘も光った。

44 アンデルソン・ロペス 6
我慢強く守りながらカウンターのキッカケを作るプレーも。得点には絡めなかったが、できることはしっかりとやった。

30 柴﨑晃誠 6(68分OUT)
消えている時間が多かった。もっとボールに関わって変化を加えなければ攻撃は苦しい。交代前のFKも壁に阻まれた。

18 柏 好文 6(90+5分OUT)
いろんな局面に顔を出すも打開できずチャンスを作れなかったが、左サイドの連係は向上してきている。FW
39 パトリック 6
トップフォームでないことは明らかだったが、後半はパフォーマンスを上げて冷静に決勝点をアシスト。

交代出場
MF
10 フェリペ・シウバ 7(68分IN)
投入からわずか2分後、値千金のゴールを奪取。期待を裏切ってきた背番号10は、ようやく自分の能力をチームに還元してみせた。

MF
15 稲垣 祥 -(89分IN)
青山に代わってピッチに入り、C大阪の攻撃を受けるなかでボールホルダーへとプレッシャーをかけた。

FW
22 皆川佑介 -(90+5分IN)
アディショナルタイムに出場してすぐにタイムアップの笛が鳴ったが、この出場機会は日々の頑張りのご褒美。

監督
ヤン・ヨンソン 6.5
戦況を見極めたフェリペ・シウバの投入は見事。チーム全体で我慢強くプレーし、大きな勝点3を掴んだ。【チーム採点・寸評】
C大阪 5
前半から攻撃のギアが上がらず、ゴールの近くまでボールを運べてもボックス内は攻略できなかった。優勝争いから大きく後退する敗北を喫した。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 5.5
失点は責められない。よく1失点に抑えて反撃を待ったが、キックが不安定なところもあった。

DF
2 松田 陸 5.5
左サイドの対応は後半に入って後手を踏むようになったが、粘り強く対応して大きなピンチは迎えていない。

14 丸橋祐介 5
後半はスペースができてアンデルソン・ロペスに苦戦。プレースキックで貢献できなかったことも響いた。

22 マテイ・ヨニッチ 5.5
ゴール前ではパトリックに仕事をさせず。堅く守ったが、失点シーンは大きなスペースを与えてしまった。

23 山下達也 5.5
集中して守れていた。失点シーンもできたことは多くない。あえて言うならリスク管理が疎かだったか。

MF
6 ソウザ 5(80分OUT)
バイタルエリアには幾度も進出するもアイディアが乏しかった。プレースキックは鋭かったが、惜しくもゴールならず。

10 山口 蛍 5
いい形でのボール奪取回数を増やせず、カウンターを多く作れなかった。失点シーンはシウバを捕まえ切れず。

16 水沼宏太 5
早いタイミングでクロスを入れ、ニアサイドへグラウンダーのクロスを入れるなど工夫したが、ピンポイントで合わず。

24 山村和也 5(80分OUT)
前後半に1本ずつシュートを放ったが、チャンスに顔を出した回数は多くない。存在感は希薄だった。FW
8 柿谷曜一朗 5(89分OUT)
危険な場所に入り込んでいけず、シュート0本と寂しいパフォーマンス。消化不良のまま途中交代となった。

9 杉本健勇 5.5
シュート6本放つも相手の守備網を破れず。最大のチャンスだった39分の好機を仕留められなかったことが響いた。

交代出場
MF
15 木本恭生 -(80分IN)
相手にカウンターのチャンスを作らせなかったが、もっとセカンドを拾って波状攻撃につなげたかった。

FW
19 澤上竜二 -(80分IN)
ボックス内に多くボールは入った。それでだけにチャンスを嗅ぎ分けてシュートに持ち込みたかったが。

MF
17 福満隆貴 -(89分IN)
アディショナルタイムも含めて出場時間は5分程度であったが、アタッキングゾーンではプレーできなかった。

監督
ユン・ジョンファン 5
痛い敗戦。試合後に攻撃の流動性の欠如を指摘したように、チームをさらにステップアップさせるための課題が見えた試合となった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥栖FW趙東建が疲労骨折の手術のため一時帰国
「これからが楽しみな選手」存在感見せた筑波大MF三笘に敵将も賛辞
微妙なゴールライン判定に「モヤモヤ」も...筑波大FW中野「自分がきれいに決めていれば」
PKとオーバーヘッドで2発の大宮FW清水、筑波大には「怖さもあった」
筑波大の“ジャイアントキリング”終わる J1大宮に敗れ8強入りならず

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加