50年続く東京・四谷のジャズ喫茶『いーぐる』にファンが集う理由

50年続く東京・四谷のジャズ喫茶『いーぐる』にファンが集う理由

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07

東京・四谷にあるジャズ喫茶「いーぐる」が(2017年)12月に開店50周年を迎えた。「ジャズ喫茶」とは、ジャズのレコードを鑑賞する喫茶店で、日本だけの文化といえるもの。全盛期だった1970年代には都内だけでも数十軒はあったが、その後は漸減。いーぐるのように「会話お断り」を貫きジャズ鑑賞に特化している店は、現在では絶滅危惧種といえる存在だ。

No image

いーぐる入口。この地下への階段を下るところからジャズ喫茶体験が始まる。

いーぐるは1967年(昭和42年)に開店。店主の後藤雅洋氏は当時慶応大学の学生だった。72年に現在の場所に移転して以来、店内の様子はオーディオセット以外は当時と変わらず、大音量でジャズを聴かせ続けてきた(現在は夜6時以降は会話OK)。普通の喫茶店でもひとりのオーナーが50年もの間、営業を続けることは難しいが、ジャズ喫茶という特殊な形態にもかかわらず、現在も多くのファンに愛され続けている。まさに驚異としかいいようがないが、いったいその理由はどこにあるのだろうか。

No image

いーぐる店内。

過日、50周年記念のパーティが開催され、そこでその秘密の一端がスピーチなどで披露されたので紹介しよう。

80年代後半からはジャズ評論家・執筆家としても活躍する後藤氏だが、意外なことに開店当時はジャズの専門知識には乏しかったそうだ。商売道具であるレコードもジャズ・マニアの友人やお客さんの意見を取り入れ、他店をリサーチしながら、独自のコレクションを少しずつ構築していったという。「マニアがこうじて」ではないところが興味深いが、この出発点が「ジャズ喫茶=頑固オヤジ」とはひと味違ういーぐるらしさの原点になっている。もちろん後藤氏も頑固オヤジなのだが、頑固だけのオヤジではない。

No image

後藤雅洋氏。

特筆すべきは、店内でかけるレコード・CDの選曲。その場の思いつきではなく、事前にみっちりと練られた、流れを考えた曲順になっているという。行ったことがある人ならおわかりだろうが、なかなか席を立てないのにはそういう秘密があったのだ。DJという言葉がない時代から、いーぐるは、いわばDJ後藤のステージだったというわけだ。また現在も新譜を積極的にライブラリーに揃え、懐古趣味に陥ることなく生きたジャズを紹介しつづけている。

看板のひとつであるオーディオ・システムも、たんに高級機を導入するのではなく、スタイルも時代も違うさまざまなジャズ(つまり音質がまちまち)を、どれも偏りなくいい音で聴かせることを目指して日々チューニングしているという。だから長時間聴いていても疲れない。

また、ほぼ毎週土曜日に開催される「いーぐる連続講演」もジャズ喫茶としては、いや喫茶店でなくても珍しい試みだ。これはさまざまなジャンルの専門家を招いての、音楽を聴きながらのレクチャーなのだが、ジャズはもちろん、ロック、ラテンからクラシック音楽までと、とにかく幅が広い。しかもその回数は、なんと600回を超えている。オープンマインドな後藤氏は、つねに学ぶことを忘れないのだ。

「会話お断り」から想像される「頑固オヤジのマニア相手の店」かと思われがちだが、そこにはじつは深く考えられた柔軟な営業戦略もあったのだ。目指したものは、自分の趣味を客に押し付けることではなく、もちろん客に迎合することでもない。愛するジャズを広くかつ深く紹介していくこと。要するにいーぐるはジャズ愛の共有の場なのだ。だからこそジャズ・マニアにも初心者にも愛され続けてきたのだ。

記念のパーティには100人を超える人がお祝いに集った。同業ジャズ喫茶の名物オーナーたちをはじめ、ジャズ評論家、レコード会社、放送・出版関係者、教育関係者、常連客、さらにミュージシャン、DJまで、50年の歴史と後藤氏の幅広い交友関係が表れた顔ぶれだった。ちなみに後藤氏は、いーぐると並行して70年代初頭にロック喫茶「ディスクチャート」を経営していたことは知る人ぞ知る事実。店ではのちにJ-Popを引っ張るミュージシャンたちがセッションを行ない、また「シュガーベイブ」誕生の場ともなった(大貫妙子氏は当時従業員で、閉店後に山下達郎氏らとリハーサルを行っていた)という縁で、シュガーベイブゆかりのギタリストの徳武弘文氏、はちみつぱいの和田博己氏も駆けつけた。

No image

「日本のルイ・アームストロング」こと外山喜雄氏。50周年記念パーティでの祝賀演奏。

2017年は、世界で最初のジャズ・レコードが発売されて100年の節目の年。いーぐるはジャズの歴史の半分をリアルタイムで広く紹介してきたことになる。だから後藤氏が語るジャズは特別なのだ。

ちなみに、現在後藤氏は隔週刊CDつきマガジン『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』(小学館)の監修・選曲・執筆を担当している。このシリーズは当初1年の予定で刊行されたのだが、大好評を受けて1年間の延長刊行中。後藤氏の解説に毎号多くのファンが目からウロコを落とし続けているのも、比類なきいーぐる50年の歴史があるからなのだ。最新刊は第40号「ジャズ・ヴォーカル・クリスマスvol.2」。後藤氏が語れば、聴きなれたクリスマス・ソングにも誰もがきっと新しい発見をすることだろう。

*ジャズ喫茶「いーぐる」
東京都新宿区四谷1-8 03-3357-9857

No image

『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』第40号「ジャズ・ヴォーカル・クリスマスvol.2」

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
深田恭子と亀梨和也が破局か
ドッキリで超生意気な姿が露呈した芸能人4人! 広瀬すずや矢口真里にガッカリ!?
深キョン、"ダイビングのインストラクター姿"公開にファン歓喜「まさに人魚」!
カンニング竹山「相撲協会は貴乃花部屋を潰したいのか」発言が波紋!
中村愛、ビキニから下乳出すぎに「サイズが合ってないんじゃない説」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加