阪神・メッセンジャーが自身初の1試合2犠打 バントで好機つくり適時打呼ぶ

阪神・メッセンジャーが自身初の1試合2犠打 バントで好機つくり適時打呼ぶ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

2回、好守備を見せた二塁手上本に声をかけるメッセンジャー=東京ドーム(撮影・堀内翔)

「巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

先発の阪神・メッセンジャーが来日8年目で自身初となる1試合2犠打を記録した。

まずは二回1死一、二塁の場面。2球をファウルとしたが、最後はきっちりと転がした。2死二、三塁と好機を広げ、続く1番の俊介が右前適時打を呼び込んだ。

四回にも無死一塁から三塁前へしっかりと決めた。この回は得点に結びつかなかったが、仕事を果たしベンチに戻ってきた助っ人に金本監督も笑みを浮かべた。

投げては五回を終えた時点で2安打1失点。現在4連勝中と絶好調右腕が、球団単独13位となる通算85勝を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
[全中]日章学園、まさかの前半2点ビハインドも後半3発で逆転勝ち(16枚)
「松井秀喜との対戦は面白かった」 名手たちが脳裏に刻む「名勝負」の記憶
明豊・溝上投手 けがを克服、ベンチ入り ライバルと対決夢託す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加