【選手権】同じ道を選んだふたり。青森山田の先輩・神谷優太が送る中村駿太へのメッセージ

【選手権】同じ道を選んだふたり。青森山田の先輩・神谷優太が送る中村駿太へのメッセージ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

神谷(7番)と中村(14番)がともに戦った昨年のU-19アジア選手権。ここでの出会いがひとつの分岐点となった。(C)SOCCER DIGEST

No image

U-19日本代表で共闘した中村(左)と神谷(右)。年は違えど、共感する部分は多かった。(C)SOCCER DIGEST

12月30日に開幕する全国高校サッカー選手権で連覇を狙う前回王者・青森山田のストライカー、中村駿太(3年)に、2年前の大会で活躍した神谷優太が、同じ道を辿る先輩として激励の言葉を送った。

2年前に青森山田で10番を背負った神谷。高校卒業後は湘南ベルマーレでプレーし、森保一監督体制の初陣となる6日からのU-20日本代表・タイ遠征にも名を連ねた有望株だ。

そんな期待のホープは中学から高校2年までは東京V で技を磨き、ヴェルディの未来を担うプレーヤーとして将来を嘱望されていた。だが、彼にはひとつの想いがあった。
「ずっと高校サッカー、青森山田に憧れがあった。高校最後の1年間はより自分が成長するために、青森山田でプレーをして自分の殻を破りたい」
決意を固めた神谷は高校2年の終わりに大きな決断を下す。青森へ向かうことにしたのだ。

「相当な覚悟だった」。
周りにどんなことを言われても自分の信念を貫く。そう誓った彼は青森山田の10番を背負い、身を粉にして1年間チームのために奮闘した。
「過去のキャリアとかは一切関係ない。まず青森山田のチームメイトに認められるために、受け入れてもらうために、がむしゃらさを出していかないといけない」

その結果、選手権では誰もが信頼する絶対的エースとして、チームをベスト4に導いた。

そして、高校サッカーと別れを告げてから1年が過ぎた春。自身と全く同じ道を辿ろうとする男から相談があった。それは昨年のU-19アジア選手権でともに日の丸を背負って戦った戦友・中村だった。

「駿太から青森山田に行きたいと相談を受けた時、まずは本気の覚悟かどうかを聞いた。あいつからは相当な熱意が伝わったし、本気だと思った」

先輩のアドバイスも受け入れつつ決意を固めた中村は、柏U-18から転入する形で青森行きを決断。神谷同様、Jリーグ屈指の名門下部組織で年代別日本代表に入るほどの選手が、今までの実績を捨ててまで青森山田でのプレーを選んだ。さらに努力し、より成長するために。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定~高校・ユース編

「前に入っていた年代別代表とか、レイソルでやっていたとか、そういうプライドは一切捨ててやっていくなら必ず結果は出る。そう伝えました」

先輩からのアドバイスをもらった中村は神谷同様、チームに溶け込むために全力で自分を表現。自らの本気度を仲間に伝え、すぐに周りからの信頼を勝ち取って攻撃の柱となった。夏にはインターハイを経験し、今ではプレミアリーグEASTの最終節まで優勝争いを演じる集団で、メインキャストを張るほどの存在となった。個人としても目標であったプロ入りを勝ち取り、来季から山形でプレーすることが決まった。 そして、中村に残された高校生活もあとわずか。最初で最後の高校選手権も目前だ。そんな母校のエースとして戦う男を誰よりも神谷は気に掛ける。

「青森山田の結果は常に気にしています。今年のチームはあまり見ていないから具体的には分かりませんが、去年の先輩の背中を追って、そこを見習いながらやっていけば、プレミアも選手権も勝てると思う」
これから大きな決戦をふたつ控える後輩達に言葉を残した神谷。最後に中村へこうメッセージを送った。

「やっぱり駿太は俺と同じ立場の存在だと思うので、あまり気負わず、自分らしくやってくれたら良いと思います。俺は青森山田でずっと『自分がこのチームを助ける』という気持ちを持ち続けて戦った。プレミアの結果を見ると、まだまだ俺から言うのもなんだけど、『FWなんだから、もっと結果を出さないといけないよ』と思う。駿太には本当に自分がゴールを取るという気持ちを忘れずに戦い抜いてもらいたい」

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小林悠「最後のチャンス」E1得点王経由でW杯へ
E-1選手権で代表デビューの8選手、日韓戦でさらなるアピールを(16枚)
さあ日韓戦!ハリル日本練習に韓国メディア多数来場
ハリル日本 W杯ベースキャンプがカザニに決定 1次L3会場のほぼ中間で移動楽々
平野、強敵に善戦=卓球グランドファイナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加