PSA、フランス2工場で新型車を生産へ...電動車の可能性も

PSA、フランス2工場で新型車を生産へ...電動車の可能性も

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/12
No image

PSAグループのフランス・ソショー工場の従業員

PSAグループは10月10日、フランス内の2工場において、新型車を生産する計画を発表した。

この2工場は、フランス国内のソショー工場とミュルーズ工場。PSAグループは労使協議会において新たな協定を結び、 ソショー工場で2020年から、ミュルーズ工場で2021年から、新型車の生産を行うことを決定した。

ミュルーズ工場は現在、「ミュルーズ2020」プロジェクトを実施。ソショー工場でも、「ソショー2022」プロジェクトに着手しており、工場の近代化を進めるなどして、生産性を引き上げていく。

なお、ソショー工場とミュルーズ工場では、「EMP2プラットフォーム」をベースにした新型車を生産する予定。欧州市場のトレンドに沿って、電動車両となる可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
香港エクスプレス航空、往復購入で往路10円 今夜から
企業とデザイナーが組んでデザインの視点から素材の可能性を引き出す企画展がスタート
王者セブンを焦らせる、ファミマの「ファストフード」売上28%増
ロッシとバトルするロボット? ほか、ヤマハ発動機の東京モーターショー2017出展概要
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加