オフィスのトイレの空き状況、PCやスマホで確認「IoTトイレ」 CTCが発売へ

オフィスのトイレの空き状況、PCやスマホで確認「IoTトイレ」 CTCが発売へ

  • ITmedia
  • 更新日:2016/10/17

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月17日、オフィスビルのトイレの個室の空き状況を、PCやスマートフォンからリアルタイムに確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したと発表した。秋から都内のオフィスビルなど向けに販売する。

No image
No image

スマートデバイスから見た空き状況

無線通信機能と発電パネルを内蔵したセンサーを、トイレの個室のドアに設置。ドアの開閉状態を、IoTゲートウェイ機器経由でクラウドサービスに送信する。ユーザーは、PCやスマートフォンからクラウドサービスにアクセスし、空き状況を確認できる。電源の確保や配線工事、サーバの設置なども不要で、小規模なオフィスでも簡単に導入できるとしている。

三井不動産と共同で4月〜7月にかけ、霞が関ビル(東京都千代田区)内のトイレで実証実験。機器の連続運用やセンサーの感度調整、データ送受信のプログラム改修など行った。9月1日から、CTCの一部オフィスで実際に利用中。ビルオーナーや管理会社の観点からの改善要望も受け、オフィスでの利用を経てサービス化に取り組む。

No image

トイレのドアセンサー

アイデアは、昨年度に実施した、業務改善や問題解決につながるツール作成の社内コンテストから誕生。一定の時間帯に個室トイレの利用が集中することがあり、トイレの空き状況が効率的に分かるサービスとして開発したという。

同社は今後も、会議室の空き状況管理や勤怠管理などのオフィス向けIoTサービスを提供するとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
大量のカードや通帳は専用レザーケースで管理
カシオ、あえて190万画素しかないビデオカメラ開発―その理由は夜も撮影できる高感度
F1のステアリングホイールの60年分の進化の歴史を一気に見るムービー
GoogleのAR技術Tangoに世界初対応のスマホ「Phab 2 Pro」がついに日本発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加